初ものがたりのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,165件

初ものがたり

4.254.25
文章力
4.50
ストーリー
4.25
キャラクター
4.25
設定
4.00
演出
4.00
感想数
2
読んだ人
3

初ものがたりのあらすじ・作品解説

この作品は女流作家・宮部みゆきの時代ミステリー作品である。 1995年PHP出版社より出版されたものであり、その後1997年にPHP文庫で、1999年に新潮文庫にて文庫版が発売された。また2013年には未刊行の2編を収録した『<完本>初ものがたり』も出版されている。 この作品では鰹、白魚、桜など「初もの」に絡んだ難事件を岡っ引きの茂七が子分たちとともに解決していく様が描かれている。またメインキャラクター以外にも一癖も二癖もある脇役たちも登場する人情と季節感にあふれた作品である。 またこの作品は、茂七が登場する他の作品と共に『茂七の事件簿ふしぎ草紙』としてNHK綜合テレビの『金曜時代劇』枠でドラマ化している。 主演は高橋英樹さんで、2001年から2003年にかけて第3シリーズまでが放送された。 第1シリーズは全10話、第2シリーズは全5話、第3シリーズもまた全5話であり、その後2004年にはシリーズの中で特に好評だった作品をまとめた『茂七の事件簿セレクション』も放送された。

初ものがたりの評価

総合評価
4.254.25
(2件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.254.25
キャラクター
4.254.25
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

初ものがたりの感想

投稿する

初ものがたりに関連するタグ

初ものがたりを読んだ人はこんな小説も読んでいます

初ものがたりが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ