ソロモンの偽証 第III部 法廷のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

ソロモンの偽証 第III部 法廷

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
3.00
キャラクター
2.00
設定
1.00
演出
2.00
感想数
2
読んだ人
3

ソロモンの偽証 第III部 法廷のあらすじ・作品解説

ソロモンの偽証 第III部 法廷 は、宮部みゆきの小説で、新潮社から2012年10月11日に販売されている。 今作品は、宮部みゆきの小説「ソロモンの偽証」シリーズの第一部・事件、第二部・決意に続く第三部・法廷となっており、クリスマスの未明に転落死した男子中学生・柏木卓也14歳をめぐる事件の学校内裁判を中心にした物語である。 また、今作品は映画化されており、2015年3月7日には「前編・事件」、2015年4月11日に「後半・裁判」の2部作が公開されている。 クリスマスの未明に発生した男子中学生転落死事件は自殺や事故、他殺などの疑念が広がる中、同級生の犯行を告発する手紙が届く。 殺害容疑にかけられた同級生・大出俊次の学校内裁判の冒頭、弁護人・神原和彦は殺害したとする根拠はなにもないと宣言し、問題児のレッテルを貼ることで、スケープゴートにしているのだと主張するのだが、対する検事・藤野涼子は証人として三宅樹里を出廷させる。 樹里は大出を告発した本人であった。クリスマスイヴの夜、校舎の屋上で何があったのか!?

ソロモンの偽証 第III部 法廷の評価

総合評価
3.503.50
(2件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
2.002.00
設定
1.001.00
演出
2.002.00

評価分布をもっと見る

ソロモンの偽証 第III部 法廷の感想

投稿する

一気に読了できる、非現実

長かった下準備も終わり、ついに学校裁判がスタート。検事、弁護人、判事、廷吏、証人、様々な人物が法廷に現れ、柏木卓也の死について真実に近づいていく。宮部みゆきの文章は、とにかく読みやすい。難しい言葉も出てくるが、これだけの長編をさらりと読ませてしまうところはさすが。ただ、このストーリーは、やはり登場人物が「中学生」ということが気になるか否かで評価が分かれると思う。小難しい事を考える中学生はいるし(現に自分がそうだった)、ニュアンスは異なるかもしれないが、読んでいる際に何度も頭をよぎった「巌頭之感」も16歳とまぁ中三に近いとしではある。ただ、これだけの人物が揃い、大人も揃ってついていくという展開が、事実にもありえない小説、という感がありすぎて…。これが、高校だったらもっと楽しいのに、と何度思ったことか。エピローグ、彼だけではなく、それこそ検事や弁護人の現在も知りたかったなぁ、という尻つぼみ感...この感想を読む

3.03.0
  • saya0728saya0728
  • 44view
  • 445文字

ソロモンの偽証 第III部 法廷の登場キャラクター

竹田陪審員長

ソロモンの偽証 第III部 法廷の名言

この事件は、柏木卓也君による、柏木卓也君の殺害事件です。柏木卓也君は、未必の故意の殺意を以って柏木卓也君を殺害したと、俺たちは判断しました

竹田陪審員長

まさに、これで大出俊次が有罪になるのか、これから陪審員が入廷し、評決をあつめ、よみあげたあとに、どう判断がでたかという緊迫の場面です。

ソロモンの偽証 第III部 法廷に関連するタグ

ソロモンの偽証 第III部 法廷を読んだ人はこんな小説も読んでいます

ソロモンの偽証 第III部 法廷が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ