100回泣くことのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

100回泣くこと

3.833.83
文章力
4.00
ストーリー
3.60
キャラクター
3.90
設定
3.20
演出
3.60
感想数
6
読んだ人
7

100回泣くことのあらすじ・作品解説

「100回泣くこと」は「きらら」2005年6月号から11月号に掲載されたものに加筆・修正を加えて2005年10月に刊行された中村航による恋愛小説である。本作が刊行されてまもなくは若い女性が読者の大半を占めていたが、2008年に「うっかり新幹線で呼んで号泣しました」というゴスペラーズの北山陽一によるコメントが帯に掲載されたことをきっかけにビジネスマンにも多く読まれるようになり、2014年時点で85万部以上を売り上げたベストセラーとなっている。 本作は主人公である藤井とその恋人・佳美が織りなすラブストーリーである。結婚を控えた二人はいつまでも幸せが続くと信じていたが、佳美が大病を患ったことをきっかけに少しずつ思い描いていた未来が崩れ始めていく。 2013年には大倉忠義主演で映画化され、「泣ける映画」として高い評価を受ける。また小学館が刊行する「Cheese!」にて2013年に水谷愛によりコミカライズもされた。

100回泣くことの評価

総合評価
3.833.83
(6件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.603.60
キャラクター
3.903.90
設定
3.203.20
演出
3.603.60

評価分布をもっと見る

100回泣くことの感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

100回泣くことに関連するタグ

100回泣くことを読んだ人はこんな小説も読んでいます

100回泣くことが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ