風の歌を聴けのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

風の歌を聴け

4.304.30
文章力
4.40
ストーリー
4.30
キャラクター
4.00
設定
4.30
演出
4.10
感想数
5
読んだ人
19

風の歌を聴けのあらすじ・作品解説

「風の歌を聴け」は日本を代表する小説家・村上春樹の第一作目の長編小説。彼は29歳の時にこの処女作をジャズ喫茶「ピーター・キャット」経営の傍ら完成させた。20代最後の年を向かえた主人公「僕」は、大学時代を回想する形で物語が始まる。1970年の夏休み、海辺の街に帰省した「僕」は行きつけのバーで友人の「鼠」とビールを飲み、そこで知り合った小指のない女の子と親しくなる。物憂く過ぎ去るひと夏のほろ苦い青春を描いた作品。 1979年には講談社の群像新人文学賞を受賞し、1982年に講談社文庫から文庫本が出版された。1981年には大森一樹監督によって、小林薫など主演作品として映画化もされた。 同作は一つの作品として完結されはするが、「僕」のその後の物語は、後ほど出版された「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」と続いて描かれた。なお、同作も他の村上作品同様、英語、韓国語、ロシア語などに翻訳され、世界各国で愛読されている。

風の歌を聴けの評価

総合評価
4.304.30
(5件)
文章力
4.404.40
ストーリー
4.304.30
キャラクター
4.004.00
設定
4.304.30
演出
4.104.10

評価分布をもっと見る

風の歌を聴けの感想

投稿する

まだ村上春樹小説を読んだことのない人にお勧めしたい一冊「風の歌を聴け」

生きることの難解さ、生きることの悲しさを歌った村上春樹の処女作品小さい頃から生きることに疑問を感じてきた主人公の「僕」がデレク・ハートフィールドという作家の本と出会い彼が日々の生活を送りながら、デレク・ハートフィールドの言葉から影響を受けて、自分とは何か、この世界とは何なのかを問い始める。デレク・ハートフィールドは物語の内容や文章はレベルの低いものだったが、文章を武器として人生や夢や愛について直接語ることが出来る極めて稀な作家で、その戦闘的な姿勢はデレク・ハートフィールドと同年代のロスト・ジェネレーション作家(ヘミングウェイやフィッツジェラルド)と劣らないと主人公の「僕」は評価しています。デレク・ハートフィールドの「文章を書くという作業はとりもなおさず自分と自分をとりまく事物との距離を確認することである。必要なのは感性ではなく、ものさしだ。」との言葉に主人公の僕は恐る恐るものさしで自分...この感想を読む

5.05.0
  • ThecatloverThecatlover
  • 52view
  • 2054文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

風の歌を聴けに関連するタグ

風の歌を聴けを読んだ人はこんな小説も読んでいます

風の歌を聴けが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ