色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

3.763.76
文章力
4.50
ストーリー
3.87
キャラクター
3.78
設定
3.87
演出
4.20
感想数
7
読んだ人
17

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年のあらすじ・作品解説

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年は、2013年4月に文藝春秋社より発売された村上春樹の長編小説である。発売前に内容に関する情報がほとんど出なかったことが発売直後の驚異的な売れ行きにつながり、都内では発売前日の深夜から書店前に並ぶファンの姿も見られた。2013年12月までに国内で105万部が発行され、同年のベストセラーとなった。また、2015年6月までに15カ国語以上に翻訳され、中国、アメリカ、イギリス、フランスなど主要各国で発売された。更に、本作品の発売直後、作中に登場するフランツ・リスト作曲の「巡礼の年」は品切れが続出し、2013年5月にユニバーサル・ミュージックから国内盤が再発された。 主人公は、鉄道会社に勤務している36歳の多崎つくるで、本作品は、彼が学生時代に喧嘩別れした親友4人に会いに行くことで、過去のトラウマから自由になろうとする癒しの物語である。風変りなタイトルは、主人公と恋人以外の登場人物の名前に赤、黒、白など何らかの色が含まれていることに由来する。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年の評価

総合評価
3.763.76
(7件)
文章力
4.504.50
ストーリー
3.873.87
キャラクター
3.783.78
設定
3.873.87
演出
4.204.20

評価分布をもっと見る

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年の感想

投稿する

失われた人生を快復する旅の物語

いつも救われてきた気がつけばもう20年以上、村上作品と共に生きてきたのだなあと思います。若い時代の混乱した日々を経て、現在の浮き足立ったお金と効率を追究する世の中にあって、村上さんの深い物語の世界に触れ続けたことで、どれだけ救われてきたか分からないほどです。村上春樹の本と出会えたということは、私の人生において感謝すべき恵みのひとつだったと思っています。村上作品が好きすぎて、個人的な思い入れが強すぎて、批評や評論を読んでもピンと来ないばかりか、腹が立つようなことも多く、実際に作家の手で書かれたもの以外はほとんど手に取らずに来ました。なので、自分が小さな場所であれ、ああだこうだ書く事にも抵抗があるのですが、純粋に個人的な感想として、備忘録として思うところを書いてみようと思います。当たり前のことですが、物語というものは、あくまでフィクションであってそのまま何かを証明することにはなりません。ハ...この感想を読む

4.84.8
  • kafuluikafului
  • 14view
  • 2303文字
PICKUP

感想をもっと見る(7件)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年に関連するタグ

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年を読んだ人はこんな小説も読んでいます

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ