村上春樹,河合隼雄に会いにいくのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

村上春樹,河合隼雄に会いにいく

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
3.25
キャラクター
3.00
設定
3.00
演出
3.25
感想数
2
読んだ人
2

村上春樹,河合隼雄に会いにいくのあらすじ・作品解説

村上春樹,河合隼雄に会いにいくは、村上春樹と河合隼雄による対談集。1996年、岩波書店より刊行され、1999年には新潮文庫として文庫化された。 自身のアメリカでの体験や60年代戦争、オウム事件や阪神大震災の衝撃などを語る村上春樹に対し、河合隼雄は箱庭療法の凄みや、すべての人が独自の『物語』をもつことの重要性を説く。その内容は、当初の「ねじまき島クロニクル」について語るという目的を大きく上回り、「人々は歴史に対してどのように結びついていくか」から「結婚生活の勘所」にまでわたっている。現場最先端の両人の言葉からは、疲弊した日本社会が、今まさに前を向く転換期にあるということを浮き彫りにする。 この対談は1995年に京都で二晩かけて行われたものである。単行本の版元である岩波書店の編集者や、村上春樹の妻、村上春樹の作品の翻訳を手がけるジェイ・ルービンもこの対談に参加したのだが、この本には彼らの発言は取り除かれている。

村上春樹,河合隼雄に会いにいくの評価

総合評価
3.503.50
(2件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.253.25
キャラクター
3.003.00
設定
3.003.00
演出
3.253.25

評価分布をもっと見る

村上春樹,河合隼雄に会いにいくの感想

投稿する

村上春樹,河合隼雄に会いにいくに関連するタグ

村上春樹,河合隼雄に会いにいくを読んだ人はこんな小説も読んでいます

村上春樹,河合隼雄に会いにいくが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ