向日葵の咲かない夏のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,323件

向日葵の咲かない夏

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.38
キャラクター
4.25
設定
4.13
演出
4.00
感想数
4
読んだ人
7

向日葵の咲かない夏のあらすじ・作品解説

向日葵の咲かない夏は書き下ろしで、2005年11月に新潮社より出版された小説で、作者は道尾秀介である。第6回ミステリー大賞候補となり、本作品の認知度が上がった。2007年のこのミステリーがすごい!では17位にランクインしている。 この作品は小学生である主人公のミチオがクラスメイトのS君の死体を発見してしまい、妹のミカと犯人探しをしていく中で登場人物の奇妙な関係性がだんだん明らかになっていき、最後にどんでん返しが待っているというミステリー小説である。またこの作品では母親からの虐待や、教師の性的暴行や極端な性癖といった社会的問題に触れていることからも注目を浴びている。 本作品のラストの捉え方によって、物語全体の雰囲気や全体の伏線の結果が大きく変わってしまうことから、ブログやSNSでは二つの意見に分かれ読者の議論が後を絶たない。 文庫版は2008年8月の販売から2010年には、実売100万部突破している。

向日葵の咲かない夏の評価

総合評価
4.504.50
(4件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.384.38
キャラクター
4.254.25
設定
4.134.13
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

向日葵の咲かない夏の感想

投稿する

ベストセラー作家・道尾秀介飛躍の作品

一人称の語り手「僕」の語りで始まるこの物語。ミステリー愛好家であればすぐに「信頼できない語り手(Unreliable narrator)」を想起し、これから起こる出来事を全て信じるものかと警戒して臨むでしょう。洋の東西を問わず、一人称の語り手というのは意図的であれ記憶違いであれ必ず嘘を言うと決まっているのです。それをアメリカの文芸評論家ウェイン・ブースは「信頼できない語り手」と名付け、ミステリーの一つの手法として確立させました。日本ミステリー界でもこの手法を取り入れる作家は多く、湊かなえ『母性』や乙一『死にぞこないの青』、降田天『女王はかえらない』など枚挙に暇がありません。そして本作『向日葵の咲かない夏』でも、一貫して主人公「僕」が物語を紡いでゆきます。この作品の驚くべきところは、その「僕」が語ったもののほとんど全てが妄想であったということです。まさか、ここまで土台から根本から嘘だったとは、誰が想像したで...この感想を読む

5.05.0
  • ayanemqnayanemqn
  • 185view
  • 2025文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

向日葵の咲かない夏に関連するタグ

向日葵の咲かない夏を読んだ人はこんな小説も読んでいます

向日葵の咲かない夏が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ