蜘蛛の糸のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

蜘蛛の糸

4.174.17
文章力
4.00
ストーリー
4.25
キャラクター
3.75
設定
3.75
演出
3.75
感想数
3
読んだ人
11

蜘蛛の糸のあらすじ・作品解説

「蜘蛛の糸」は芥川龍之介が初めて手掛けた児童文学の短編小説であり、1918年に鈴木三重吉によって創刊された児童向け文芸雑誌「赤い鳥」創刊号に掲載された。カンダタは極悪非道の大泥棒で、今は地獄の底で毎日もがき苦しんでいた。ある日、ハスの池の周りを散歩中のお釈迦様が、カンダタが今まで一回だけ小さな蜘蛛を踏み殺さずに助けたことを思い出し、カンダタを助けるために池に細く輝く糸を垂らす。これを見つけたカンダタは、喜び勇んで細い糸に飛びつく。 しかし、ふと下を見ると無数の罪人が上をめがけてのぼってきていた。このままでは、重みで細い糸が切れてしまう。そう考えたカンダタは、「この糸は俺のものだ。下りろ!」と叫んだ。その途端、細い糸はプツリと切れてカンダタはまた暗くて深い地獄の底へと沈んでいった。一連のことを見ていたお釈迦様は、自分のことだけしか考えないカンダタのことを浅ましく思ったのか、悲しい顔で立ち去って行ってしまった。

蜘蛛の糸の評価

総合評価
4.174.17
(3件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.254.25
キャラクター
3.753.75
設定
3.753.75
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

蜘蛛の糸の感想

投稿する

救いの糸を、我欲す

神の嘆き、亡者の愚かある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。この有名な一文から始まる小説「蜘蛛の糸」の物語を知らない日本人はまずいない、既に芥川龍之介の作品は著作権が消滅しているのでこの物語も青空文庫にて無料で読むことが出来る。ここであらすじを書かなくとも知っていることでしょうけれどざっと書けば、美しい蓮の花が咲き乱れ良い香りを漂わせる池のふちにお釈迦様が散歩の途中、その中を覗いてみるとそこからは地獄の底が見えた、三途の川や針の山が見える透明度の高い綺麗な池から見えたその景色にお釈迦様はある男が目に留まる。その男は人を殺し家に火をつけ泥棒を働いた罪人のカンダタ。そんな男が唯一良い事をした、それは蜘蛛を殺さずに助けてやったこと。お釈迦様はカンダタを見ながらその行いを思い出し善い行いをした報を出来るならとカンダタを救うことに、蓮...この感想を読む

4.04.0
  • 雅
  • 20view
  • 2075文字
PICKUP

蜘蛛の糸に関連するタグ

蜘蛛の糸を読んだ人はこんな小説も読んでいます

蜘蛛の糸が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ