平成猿蟹合戦図のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

平成猿蟹合戦図

2.752.75
文章力
4.00
ストーリー
3.00
キャラクター
4.00
設定
3.00
演出
3.00
感想数
2
読んだ人
2

平成猿蟹合戦図の評価

総合評価
2.752.75
(2件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
4.004.00
設定
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

平成猿蟹合戦図の感想

投稿する

若者の若者らしさが生き生きと感じられるドラマ

途方に暮れている女性の意外な素顔まるで香港映画のような狭い路地にある雑居ビルの階段にうずくまる美月の途方に暮れたような描写から物語は始まる。しかもその胸には赤ちゃんまで抱かれており、いかにも非常事態を感じさせる。またその描写からはむっとした熱気を感じる上、美月が座っている階段には室外機がありそこから熱風が吹き出してくるというつらさだ。その熱風が赤ちゃんに当たらないように姿勢を変えながらどうしたらよいのかわからないようなその様子は、読み手を十分ハラハラさせる。だけど読んでいくと分かるのだけど、この美月という女性、どういう事態になってもそれほど深刻にならない。楽観的というか物事をあまり深く考えないタイプなのか、この時もディズニーランドのことを考えていたりする。こんな美月が初めはなんだかイライラするのだけど、読むにつれだんだん彼女に好感がもててしまうから不思議だ。そんなところに座り込んでいる...この感想を読む

2.52.5
  • miyayokomiyayoko
  • 8view
  • 3086文字
PICKUP

平成猿蟹合戦図に関連するタグ

平成猿蟹合戦図を読んだ人はこんな小説も読んでいます

平成猿蟹合戦図が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ