東京湾景のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

東京湾景

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
5.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

東京湾景の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
5.005.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

東京湾景の感想

投稿する

間違いなく吉田修一の代表作

現代の若者が生き生きと描かれた作品この「東京湾景」は主人公である亮介と涼子(美緒)のそれぞれの目線で話が展開していく。亮介の目線から見た二人の関係や仕事、涼子(美緒)の目線から見た二人の関係や仕事、それぞれが吉田修一の特有の丁寧な風景描写で表されて、そしてその二つの話がリンクするところには彼の手腕が感じられた。亮介は仕事はきちんとやるもののそれほど熱心なものを感じてはおらず、ただ毎日過ごしていっている生活だった。そこで暇つぶしに登録した出会い系サイトで、涼子という女性と出会う。この出会った場面の描写は、この2人のぎこちない様が目に浮かび、なにやらこちらまで気恥ずかしい気分になったくらいだった。出会い系サイトを利用したことはないのだけれど、個人的には怪しいイメージしか持っていない。でもこの2人の出会い方を見るとなんとなく初々しげで、そういう出会いも一つの手なのかなと思ったりした。亮介と涼...この感想を読む

4.04.0
  • miyayokomiyayoko
  • 9view
  • 3363文字
PICKUP

東京湾景に関連するタグ

東京湾景を読んだ人はこんな小説も読んでいます

東京湾景が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ