恐怖の谷のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,203件

恐怖の谷

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
2

恐怖の谷のあらすじ・作品解説

恐怖の谷は、アーサー・コナン・ドイルが書いた、シャーロック・ホームズを主人公にしたシリーズの4番めの長編小説である。初出は、イギリスのストランド・マガジンの連載で、1914年9月号から1915年5月号にわたり連載された。 2部で構成されていて、1部はシャーロック・ホームズが殺人事件の調査をし、謎を解くまでが書かれていて、2部では、1部の事件が起こるきっかけとなった、アメリカのペンシルヴェニア州にあるヴァーミッサ谷の炭鉱の事件について書かれている。なお、2部は過去の事件のため、シャーロック・ホームズは出てこず、最終的に1部の被害者となったダグラスの活躍の話になっている。 トリックとしては、被害者と思われた人間が実は生きていて、また最後にドンデン返しが起こる。1部、2部ともに、ホームズの生涯の敵であるモリアーティ教授が糸を引いているとされる。この事件でダグラスを救えなかったホームズの怒りは、最後の事件、空き家の冒険でモリアーティ教授やその残党を根絶やしにすることに力が向けられている。

恐怖の谷の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

恐怖の谷の感想

投稿する

恐怖の谷に関連するタグ

恐怖の谷を読んだ人はこんな小説も読んでいます

恐怖の谷が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ