スナーク狩りのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,104件

スナーク狩り

4.504.50
文章力
0.00
ストーリー
0.00
キャラクター
0.00
設定
0.00
演出
0.00
感想数
1
読んだ人
3

スナーク狩りのあらすじ・作品解説

スナーク狩りは、1992年6月に光文社カッパ・ノベルスハードとして出版された、宮部みゆきのミステリー小説である。この題名は、イギリスの作家ルイス・キャロルによる同名のナンセンス詩からの引用である。 この小説の主人公は、別れた恋人から結婚式の招待状を受け取った女性・慶子と、妻子をある事件で失った男性・織口の2人である。それまでほとんど関係のなかった慶子と織口の人生が、1丁の銃と「復讐」というキーワードをきっかけに交差し、関わり合いながらそれぞれの結末へと向かう。2人に与えられた24時間というタイムリミットが、物語の展開にスピード感を与えている。 後に「理由」で直木賞に輝いた宮部みゆきの初期の佳作として人気を博しており、1992年(テレビ朝日)、2012年(TBS)の2度にわたってテレビドラマ化された。また、漫画家・大石普人によりオオイシヒロト名義で2008年に漫画化された。単行本は全3巻で、新潮社BUNCH COMICSから出版されている。

スナーク狩りの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
0.000.00
ストーリー
0.000.00
キャラクター
0.000.00
設定
0.000.00
演出
0.000.00

評価分布をもっと見る

スナーク狩りの感想

投稿する

スナーク狩りに関連するタグ

スナーク狩りを読んだ人はこんな小説も読んでいます

スナーク狩りが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ