スターリングラードのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

スターリングラードのあらすじ・作品解説

スターリングラードは1993年に公開されたドイツ・スウェーデン製作によるドイツの戦争&時代劇映画である。 配給元は東宝東和。 「カティの愛した人の」ヨセフ・フィルスマイアーが監督・製作(共同)・脚本(共同)を兼任し、「戦場のピアニスト」「キング・コング」のトーマス・クレッチマンが主役を演じる。 製作総指揮はミハエル・クローネとマーク・デーモンでハンノー・フス、ギュンター・ロールバッハの2人が共同製作にあたっている。 共演者は舞台から映画界へ転進したドミニク・ホルヴィッツ、ドイツのTVドラマで活躍するヨヘン・ニッケル、セバスチャン・ルドルフ、「カティの愛した人」のダーナ・ヴァヴロヴァら。 この作品は第二次世界大戦中、北アフリカの戦地から無事帰還したドイツ兵のハンス少尉達は束の間の休養から軍の命令でソ連のスターリングラードへ向かい戦闘するがロシアの極寒がハンス達に襲い掛かるという物語である。

スターリングラードの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.003.00
キャスト
3.503.50
音楽
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

スターリングラードの感想

投稿する

スターリングラードに関連するタグ

スターリングラードが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ