ザ・ロックのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ザ・ロックのあらすじ・作品解説

ザ・ロックは1996年に公開されたマイケル・ベイ監督のアクション映画である。 アメリカ海兵隊武装偵察部隊の英雄フランシス・X・ハメル(エド・ハリス)は、過去に部下を政府に見捨てられ強い怒りと恨みを晴らすべく14人の部下と化学兵器VXガスを奪い天然の要塞アルカトラズ島に観光客を人質に立てこもる。SEALsと共にアルカトラズ島に向かうのは特別捜査官スターリン・グットスピード(ニコラス・ケイジ)たが、化学兵器のエキスパートだというだけで実戦経験はゼロ。更に過去にアルカトラズを脱獄したジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)を加えVXガスの処理に奮闘する映画である。 ショーン・コネリーは制作総指揮としても、この映画に関わっている。また、アーノルド・シュワルツェネッガーがオファーを断ったことを後悔している映画でも知られている。 ロケはアルカトラズ島の外観などの一部のみにしかアメリカ政府から撮影許可が得られなかったため、ほとんどが他の場所やセットでの撮影となった。

ザ・ロックの評価

総合評価
3.753.75
(4件)
映像
3.633.63
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
3.503.50
演出
3.883.88

評価分布をもっと見る

ザ・ロックの感想

投稿する

アクション映画の決定版

今は観光地となったアルカトラズ刑務所、通称ザ・ロックに観光に来ていた観光客を人質に、エド・ハリス扮するハメル将軍率いる元海兵隊のテロ軍団が遺族の補償金として1億ドルを要求する。またテロ組織が奪取したのは、猛毒化学兵器のVXガス。要求を呑まなければサンフランシスコ上空をVXガスが覆うと国防総省を脅迫。そこで、ニコラス・ケイジ扮するFBIの化学兵器のスペシャリストの捜査官スタンリーは、アルカトラズ刑務所を唯一脱出した元SASの大尉(ショーン・コネリー)の軟禁を解き、協力してテロ組織に立ち向かいますが・・・・・・。言わずと知れた大スターショーン・コネリー、へっぽこ科学者ぶりがなぜか初々しいニコラス・ケイジ、珍しく悪役の演技派エド・ハリスと役者が揃った、ど派手アクション映画がお得意のジェリー・ブラッカイマーとドン・シンプソンが製作した映画です。この作品は一切難しい要素がない映画で、ビール片手に楽しめる映画で...この感想を読む

3.53.5
  • 黝璽黝璽
  • 53view
  • 605文字

感想をもっと見る(4件)

ザ・ロックに関連するタグ

ザ・ロックが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ