トランスフォーマーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,679件

トランスフォーマーのあらすじ・作品解説

トランスフォーマーは、2007年に公開されたドリームワークス制作のSF映画である。 原作は1980年代より発売されている日本の玩具メーカー「タカラトミー(旧株式会社タカラ)」制作の変形ロボット玩具。金属の体を持つ地球外生命体が正義の戦士「オートボット」と悪の軍団「ディセプティコン」にわかれ、主人公の少年や人間達と関わりながら地球に飛来した「オールスパーク」を巡って戦いを繰り広げる物語となっている。地球外のロボットが地球製の自動車や飛行機、電子機器に変形するのが本シリーズ最大の特徴である。 総制作費180億円と超大作。当時、最先端のCG・VFX技術がふんだんに用いられたロボットの変形シーンが話題を集めた。監督にマイケル・ベイ、制作総指揮にスティーブン・スピルバーグがつとめたことでも知名度が高く、公開直後からメガヒットを記録。巨大ロボット映画としては稀にみる快挙であり、後に続編も制作されている。 また、本作は2007年度第34回サターン特殊効果賞を受賞している。

トランスフォーマーの評価

総合評価
4.334.33
(6件)
映像
4.674.67
脚本
4.004.00
キャスト
4.174.17
音楽
4.254.25
演出
4.174.17

評価分布をもっと見る

トランスフォーマーの感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

トランスフォーマーの登場キャラクター

オプティマスプライム

よみがな:おぷてぃますぷらいむ 性格:冷静 ポリシー:地球人とは共存する 特徴:青い顔と銀のボディー 物語上での目的:ディセプティコンによる地球侵略の阻止 出身地:惑星サイバトロン 種族:金属生命体 武器:エナジーブレード 部下:ラチェット、バンブルビー、ジャズ、アイアンハイド モットー:自由は全ての生き...

メガトロン

ニックネーム:メガ様 身長:約11m 体重:2,000t 所属:デストロン 価値観:目的のためならば犠牲を厭わない 物語上での目的:母星の復興 声優:ヒューゴ・ウィーヴィング/日本語版 中村浩太郎 武器:電撃発射装置や破砕弾連射砲など多数の武器が内蔵されている 変形形態:エイリアンジェット ボディーカラー:銀

バンブルビー

所属:オートボット 性格:コミカル 特徴:言語機能が故障している 特技:ラジオを使って話す 出身:惑星サイバトロン 名前の由来:マルハナバチ 種族:金属生命体 武器:イオンブラスター エナジ 任務:サム・ウィトウィッキーの護衛 変形する車両:シボレーカマロ

トランスフォーマーの名言

犠牲無くして勝利なし

オプティマスプライム

勝利を得るためには犠牲を払わなければ得られない

トランスフォーマーに関連するタグ

トランスフォーマーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ