アデルの恋の物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アデルの恋の物語のあらすじ・作品解説

レ・ミゼラブルなどの名作を生み出した文豪ヴィクトル・ユゴーの次女の狂気的な恋愛模様をフランソワ・トリュフォー監督により映画となったアデルの恋の物語は1975年に公開されたフランス映画である。 ヴィクトル・ユゴーの次女であるアデル・ユゴーはカナダの港に降り立った。アデルは一度だけ愛し合った英国の騎兵中尉のアルバートを追って、海を渡って慎ましい下宿に住み、来る日も彼に手紙を送り続けていた。しかし彼から返信が来ることはなかった。 異国の地で孤独とアルバートに対する不安の渦にいたアデルは、毎日のように姉が船もろとも溺れ死んでしまう悪夢にうなされ、精神的に蝕まれていく。アデルは本屋の主人から、アルバートは多額の借金を抱えているという噂があると耳にするも、彼への愛は深まる一方であった。 恋に溺れたアデルは、日に日に狂気に満ちた女へと変貌していく。女の執念深さや恋に溺れゆく姿を、生々しく恐ろしいまでにも表現していく作品である。

アデルの恋の物語の評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
4.254.25
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.254.25
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

アデルの恋の物語の感想

投稿する

凄絶で凄艶でもある崇高の極みにまで昇華した、悲痛哀絶な恋狂いの物語 「アデルの恋の物語」

このフランス・ヌーベルバーグの騎手、フランソワ・トリュフォー監督の「アデルの恋の物語」は、凄絶な恋狂いの物語です。いっそ凄艶といおうか、いや崇高の極みにまで昇華した、悲痛哀絶の恋なのです。しかも作り事ではなく、事実なのです。まさしく、彼女は実在したのです。フランス娘のアデルが、ひとりのイギリス士官を追って、船旅でカナダの最東端にたどり着いたのは、1863年のこと。かつてのフランス領アカディア、当時のイギリス領ノヴァ・スコシアの首都ハリファックスには、続々と英軍が派兵されていた。その第16騎兵隊に所属するピンソン中尉こそ、彼女が思い焦がれる初恋の人だったのです。まだ幼な顔の残る、美しく品のよいアデルは、けっこう歳はいっているのだけれど、当時やっと二十歳の新人イザベル・アジャーニが演じて、初々しいほどに若い。そうした彼女に、どうしてこれほどの情熱が秘められているのか。アデルは、上陸した港で、厳し...この感想を読む

4.54.5
  • 驟雨驟雨
  • 16view
  • 3546文字
PICKUP

アデルの恋の物語に関連するタグ

アデルの恋の物語が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ