家庭のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

家庭の評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.003.00
脚本
3.003.00
キャスト
3.003.00
音楽
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

家庭の感想

投稿する

トリュフォー監督の自伝的なシリーズの中の一本

フランソワ・トリュフォー監督の分身であると思われる主人公・アントワーヌ・ドワネルシリーズの一本です。結婚して自ら家庭を作ることになるのだが、社会生活に馴染めず”大人”になりきれないアントワーヌ(ジャン=ピエール・レオ)が、小説を書き始めるところからストーリーは始まります。妻・クリスティーヌ(クロード・ジャド)との間に子供が生まれたのにもかかわらず、パリに住む日本女性・キョウコ(松本弘子)と浮気してしまう。その後浮気がばれてしまいキョウコのアパートに転がり込むのだが・・・。和服姿のキョウコが畳の上で和食を食べさせるシーンなど、日本女性の描き方には、思わず目をそらしたくなります。その後文化の違いなどでアントワーヌはキョウコに嫌気がさし、レストランでの食事中に何度も席を立ち、クリスティーヌに電話で愚痴をこぼす。その煮え切らない態度に我慢が出来なくなったキョウコは、日本語で「勝手にしやがれ」と書き...この感想を読む

3.03.0
  • konitaro25konitaro25
  • 114view
  • 428文字

家庭に関連するタグ

家庭が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ