十二国記のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,465件

十二国記

4.004.00
映像
4.00
ストーリー
4.40
キャラクター
4.10
声優
3.90
音楽
4.00
感想数
5
観た人
8

十二国記のあらすじ・作品解説

十二国記は、NHKBS2の衛星アニメ劇場枠内で2002年4月9日から2003年8月30日にかけて放送された、小野不由美原作の古代中国風異世界ファンタジー。製作はぴえろ、監督は小林常夫、脚本は會川昇が担当している。 親や学校、周りの現実に多少の息苦しさを感じながらも平穏な生活を送っていた女子高生、中嶋陽子は何者かに追われる不気味な夢を見るようになる。ただの夢と思っていた陽子だったが、突然学校に「ケイキ」と名乗る金髪の青年が現れ、陽子を「主」として、ひざまずき盟約をうながす。何も分からないまま「ケイキ」の「主」となった陽子は、月の影の向こうにある世界「十二国」に導かれ、過酷な運命と向き合うこととなる。緻密に構築された世界観をもつ王と麒麟が統べる十二の国、その世界に生きる魅力的な人々が織りなす壮大な物語。原作文庫本の売り上げは累計750万部以上、世代を越えた多くの人々を魅了している。ドラマCD、PS2で2本ゲームも発売されている。このアニメは日本だけでなく、韓国、中国、アメリカでも放送された。

十二国記の評価

総合評価
4.004.00
(5件)
映像
4.004.00
ストーリー
4.404.40
キャラクター
4.104.10
声優
3.903.90
音楽
4.004.00

評価分布をもっと見る

十二国記の感想

投稿する

類を見ないファンタジー作品「十二国記」

類を見ない独特なファンタジー作品でストーリー設定が秀逸この作品の第1の素晴らしいポイントは、他の作品に類を見ない独特な設定とストーリーである。この作品は、良くある異世界に突然飛ばされ、使命を受け目的に向かって行動する。という大きいところは同じであるが、鑑賞していくと類を見ない独特な設定で引きこまれてしまう。この世界の舞台は、古代中国のような雰囲気である。そこに12の国があり、12人の王が神獣麒麟に天意に従って選ばれた王によって統治されている。王は正しく統治することで、王をはじめ主要な官は不老長寿となる。そして、王が国の統治を誤れば神獣麒麟が病を犯し王が死に、新しい麒麟が生まれ、新しく王が選ばれる。当時この世界感を知った時、なんと理想郷のような設定なのかと思わず唸ってしまった。今までこのような設定はないし、正しい王が国を納めれば生涯国が続く、また王が正しく国を導くことができなければ天(神...この感想を読む

4.04.0
  • ザッキーザッキー
  • 27view
  • 2101文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

十二国記の登場キャラクター

楽俊

よみがな:らくしゅん 年齢(作品時):22歳 性別:男 住まい:巧国内陸部の淳州安陽県鹿北の人里離れた場所 性格:いたって温厚、飄々としており達観した視野と強い意志を持つ 特徴:半獣。人の姿に慣れないので、ネズミの姿でいる方が多い 癖:嘘をつくと鬚と尻尾が正直に動く 家族:母親と二人暮らし 声:鈴村健一 ...

六太

よみがな:ろくた 年齢(作品時):外見年齢14歳くらい 性別:男 所属:雁国麒麟 性格:行動力があり好奇心旺盛、意外と常識人でもある 特徴:二つの世界を行き来することができる 声:山口勝平、幼少期は石津彩 出生:室町時代に京都の貧家の末っ子として生まれ育った(後に使令の沃飛に助けられる) 字(あざな):馬鹿(...

碧霞玄君玉葉

キャラをもっと見る(6件)

十二国記の名言

どっちを選んでもいいが、分からないときは、自分がやるべきほうを選んでおくんだ。同じ後悔をするなら、軽いほうがいいだろ。

楽俊

友人である主人公の中嶋陽子が、元居た世界に帰るか"慶"に残り女王として生きるのか、究極の選択を迫られた時にしたアドバイス。

毛織物の服は恥ずかしいかい?けど、世の中のほとんどの人はそれを着てる。誰もそれを恥じねえのは、それが自分の手で働いて得た最上のものだからなんだよ。

楽俊

芳国の公主(王女)であった祥瓊が、国を追放され今まで袖を通していたきらびやかな服ではなく、庶民が着ている襤褸を纏うことを否定した際にいった言葉。

試験なら勉強すれば受かる。 金なんてのは稼げばたまる。 何をお願いするんだ?

楽俊

陽子が"十二国記"の世界では神に願い事をしないのか、と聞いたときの回答。

名言をもっと見る(8件)

十二国記に関連するタグ

十二国記を観た人はこんなアニメも観ています

十二国記が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ