家守綺譚のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

家守綺譚

4.754.75
文章力
4.75
ストーリー
4.63
キャラクター
4.63
設定
4.63
演出
4.75
感想数
4
読んだ人
5

家守綺譚の評価

総合評価
4.754.75
(4件)
文章力
4.754.75
ストーリー
4.634.63
キャラクター
4.634.63
設定
4.634.63
演出
4.754.75

評価分布をもっと見る

家守綺譚の感想

投稿する

平凡でいることの難しさ

俗物な主人公と超然とした高堂たぶん、読みおわって、皆不思議に思うと思う。なぜ主人公は葡萄を食べず、高堂は食べてしまったのか。なにかと迂闊で能天気な主人公のほうがうっかり手をだしそうで、いつも冷静で神経質そうな高堂のほうが、下手なことをしなさそうだ。ただ、高堂には少々鼻がつくところがある。主人公を俗物あつかいして小馬鹿にし、あやかし関連のことに、いちいち目を白黒させる主人公を尻目に、たかがそんなことで、というように涼しい顔をしている。たしかに、知識の深さも見識の広さも高堂のほうがあるし、自分で誇ってもいるのだろう。にも関わらず現世では、満たされなかったのかもしれない。主人公が湖の底に行ったとき、葡萄をすすめてくれた人がこう言っている。ここにいればいいと。心穏やかに、美しい風景だけを眺め、品格の高いものとだけ言葉を交わして暮らして行ける。何も世俗に戻って、卑しい性根の俗物たちと関わりあって...この感想を読む

4.54.5
  • オコネオコネ
  • 443view
  • 2857文字
PICKUP

穏やかな雰囲気ながらも、どこか背筋がぴんと伸びる思いがする、梨木香歩の「家守綺譚」

南禅寺のほど近く。学生時代に亡くなった親友・高堂の家の守をすることになった綿貫征四郎は、細々と文章を書きながら、貧しい生活を送っています。そんな征四郎の前に、ある雨の日に現れたのは、死んだはずの高堂。床の間にかかっている水辺の風景の掛け軸の中から、ボートに乗って出てきたのです。舞台となる時代としては、明治か大正のようです。まるで夏目漱石の「夢十夜」のような雰囲気の小説です。植物を題名に持つ短い物語が28収められています。現実の世界と異界の境目が曖昧で、ごく当たり前のように、不思議なことが主人公の周りに起こります。それは亡くなったはずの高堂が掛け軸の中から出てきたり、主人公がサルスベリの木に惚れられたり、河童や小鬼といったあやかしが出てきたり、しかも河童と犬のゴローが懇意になってしまったりというようなこと。しかしそれらの不思議は、この世界の中にごく自然に存在していますし、そこを流れているの...この感想を読む

4.54.5
  • dreamerdreamer
  • 38view
  • 819文字

感想をもっと見る(4件)

家守綺譚に関連するタグ

家守綺譚を読んだ人はこんな小説も読んでいます

家守綺譚が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ