りかさんのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,224件

りかさん

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
2

りかさんの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

りかさんの感想

投稿する

人形が背負う人の気持ちが哀しい

作品としては、『からくりからくさ』の後に発表されていますが、時間軸としては『からくりからくさ』の前、重要な登場人物の1人である蓉子の子ども時代の話になります。何もかもをひとまず受け止めて、包み込んで、丸く収まるような形で戻してくれる彼女の不思議な魅力は、こんなふうに培われたのだなあと納得させてくれる1冊です。『からくりからくさ』を読んだ方には、ぜひお勧めです。そして、この作品(『からくりからくさ』でも)の重要なもう1人の登場人物は、日本人形のりかさんです。本当は、あのリカちゃん人形が欲しかった子どもの『ようこ』が、おばあちゃんから譲られた人形です。が、この人形はある特別な人(それが、『ようこ』であり、彼女の祖母)とは心を通して会話することができるのです。そして、りかさんを通して、『ようこ』はさまざまな人形たちの声を聞き、人形たちが背負ってきた思いを受け止めます。その思いは、かつてその人...この感想を読む

4.54.5
  • 月読三葉月読三葉
  • 77view
  • 676文字

りかさんに関連するタグ

りかさんを読んだ人はこんな小説も読んでいます

りかさんが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ