よだかの星のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,253件

よだかの星

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
2

よだかの星の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

よだかの星の感想

投稿する

純粋過ぎて涙がとまらない

宮沢賢治さんの童話は、弱者や虐げられている人が出てくることがとても多い気がします。たぶん、宮沢賢治さん自身が農民たちと寄り添って暮らそうとしたような優しい人であり、自身体が弱くて世間の役に立てていないという意識が心のどこかにあったからなのでしょう。この作品の、主役である『よだか』も姿がみにくいという理由で、嫌われ者であり、いじめられています。鷹には、名前に『たか』が入っているのがけしからんと因縁をつけられ、殺すと言われてしまいます。理不尽だと思いつつも、『死ぬしかない』と受け入れる気持ちなるよだかですが、つい狩りをして虫を食べてしまいます。そのことに、『自分は他者の命を奪って生きている』と絶望するような優しく、鋭い感性の持ち主であるよだかは、まるで宮沢賢治さんのようです。そして、死を決意したよだかが高く高くどこまでも空を昇り、最後は星になるという結末には、つい涙を流してしまいます。理不...この感想を読む

4.54.5
  • 月読三葉月読三葉
  • 47view
  • 526文字

よだかの星に関連するタグ

よだかの星を読んだ人はこんな小説も読んでいます

よだかの星が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ