びりっかすの神さまのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,127件

びりっかすの神さま

5.005.00
文章力
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

びりっかすの神さまの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

びりっかすの神さまの感想

投稿する

初めて買った小説をあらためて読み更けてみた感想

話の主題出来の悪い人だけが見ることができる、『びりっかすの神様』。世間的に言えばきっといいものではないのかもしれないが、一度は出会ってみたいと思わせる。人は誰しも“苦手”はあると思う。しかしその一面だけを見てしまっている教育現場がこの話の主となる小学校のとある教室である。集団心理と子供たちの純粋な心理が、びりっかすの神様を神様に仕立て上げている。冒頭転入性を主人公とした話で設定的にはありふれているかもしれないが、主人公が『びりっかすの神様』という未知との遭遇をした時の表情が手に取るようにわかる、柔らかい文体が印象的。初めから未知に好奇心を持つの主人公の姿は、誰しも経験してきた『幼いころの好奇心』を呼び覚ましてくれる。登場人物と教室内の考察主人公。母親からの心からあふれたような言葉の意味がくみ取り切れないまだ情緒も幼い男の子である冒頭ではその年の割に冷静であまり心を表に出すようなキャラク...この感想を読む

5.05.0
  • 石ノ森椿石ノ森椿
  • 3view
  • 2288文字
PICKUP

びりっかすの神さまに関連するタグ

びりっかすの神さまが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ