スロウハイツの神様のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

スロウハイツの神様

3.753.75
文章力
4.50
ストーリー
3.75
キャラクター
3.50
設定
3.75
演出
3.75
感想数
2
読んだ人
2

スロウハイツの神様のあらすじ・作品解説

2007年1月、講談社ノベルズから刊行された、この『スロウハイツの神様』は、上下2巻続きの作品である。 祖父から譲り受けた3階建ての建物のオーナーである脚本家が、面接を通して住人を選ぶ。家賃一万円という破格の条件に、クリエイティブな分野で活躍する面々が集まる。 3年前、住人の一人である人気作家のコーキの小説が元となる殺人ゲームがおこり、取材陣に詰め寄られたコーキは筆を折ってしまったのである。 それぞれが夢に向かい、お互いに刺激し合ってうまく生活していた中、新たな居住者が加わりコーキに急接近するようになる。それをきっかけにスロウハイツでの人間関係は変化し始めてしまうのである。 そんな中、スロウハイツのオーナーの手にある一通の手紙が渡る。送り主は今にも潰されてしまいそうなコーキを救った少女。これを機に、さらにハイツの生活は大きく動き始めることになったのである。 コーキの心にも変化が生まれるころ、スロウハイツのオーナーの渡米が決まり、ハイツの今後が問われることとなったのである。

スロウハイツの神様の評価

総合評価
3.753.75
(2件)
文章力
4.504.50
ストーリー
3.753.75
キャラクター
3.503.50
設定
3.753.75
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

スロウハイツの神様の感想

投稿する

もっと登場人物と仲良くなりたかった

長すぎるプロローグ第一章の始まる前にプロローグがあります。短いプロローグです。そして第一章が始まります。ん?んんん?何だか読んでも読んでも、物語が進んでいかないっていう感じがしたのは私だけでしょうか?登場人物の細かい紹介が延々と続いているようでなかなか本題に入っていかない気がしました。いや、これは長ーい伏線で、すでに本題に入っているのかどうか分からずに、私は活字を追っていきました。辻村深月さんは本屋大賞も受賞した人気作家さんで、ファンの方もとても多いです。私もこの『スロウハイツの神様』は友人に教えてもらいました。何冊か、いや10冊以上は辻村さんの本を読んでいますが、ちょっとこの本はダメかもしれないなーと挫折しようと思ったのは初めてのことでした。すすめられた本って合わない場合もあるよなあとため息をつきました。それくらい、この本の冒頭部分には私を惹きつけるものがありませんでした。登場人物が全...この感想を読む

2.52.5
  • みまこんみまこん
  • 181view
  • 2021文字
PICKUP

スロウハイツの神様に関連するタグ

スロウハイツの神様を読んだ人はこんな小説も読んでいます

スロウハイツの神様が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ