長い長い殺人のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

長い長い殺人

4.004.00
文章力
5.00
ストーリー
3.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
5.00
感想数
2
読んだ人
8

長い長い殺人のあらすじ・作品解説

「長い長い殺人」は宮部みゆき作の連作推理小説である。1989年「別冊小説宝石・冬号」に掲載された短編から始まる9編と書き下ろしの2編の11編の短編を1997年5月光文社・カッパノベルスから出版された。1996年には光文社文庫として出版されたが2011年光文社文庫プレミアムとしてリニューアルされている。 各短編には「(人物)の財布」というタイトルが付く。保険金狙いと思われる殺人事件が発生し刑事、目撃者、証人、探偵など事件にかかわる人物が持つ財布がその持ち主のことを語っていくという体裁がとられている。また本作は「模倣犯」につながる作品と宮部は述べている。 2007年11月WOWOWのオリジナルドラマとして長塚京三、仲村トオルなどの出演で制作・放送された。2012年5月には95分に短縮されTBSにて「宮部みゆき4週連続極上ミステリー」の第3夜としても放送された。 2008年WOWOW版がDVDとしてソニーピクチャーズより販売された。

長い長い殺人の評価

総合評価
4.004.00
(2件)
文章力
5.005.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

長い長い殺人の感想

投稿する

長い長い殺人に関連するタグ

長い長い殺人を読んだ人はこんな小説も読んでいます

長い長い殺人が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ