あの頃ぼくらはアホでしたのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,274件

あの頃ぼくらはアホでした

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
3.00
キャラクター
5.00
設定
3.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
1

あの頃ぼくらはアホでしたの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
5.005.00
設定
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

あの頃ぼくらはアホでしたの感想

投稿する

東野圭吾さんを身近に感じられる作品

東野圭吾さんのエッセイこの作品は東野圭吾さんのエッセイでした。著者の体験した出来事に関して感想を書くという形式のエッセイ。東野圭吾さんを身近に感じられる作品だったと思います。「本を読むのが嫌いだった」というのは別の作品のあとがきでも言われていましたし本作品に出てきた「似非理系」の話は「超・殺人事件」という作品の中の「超理系殺人事件」という話にも出てきたので読了済みの方には感動の作品だったのではないでしょうか。「あの頃ぼくらはアホでした」が1998年発行で「超・殺人事件」が2004年発行のようなのでどのタイミングで似非理系人間と真性理系人間の話を思いついていたのか気になるところです。さてこの作品は東野圭吾さんの小学校~就職までの体験をもとに書かれているようですね。いつもの推理小説とは違い生の人間の経験をもとにされているので、自分にもこういう経験や考えがあった、と共感できる部分もあり、エッ...この感想を読む

4.04.0
  • marinmarin
  • 5view
  • 2313文字
PICKUP

あの頃ぼくらはアホでしたに関連するタグ

あの頃ぼくらはアホでしたを読んだ人はこんな小説も読んでいます

あの頃ぼくらはアホでしたが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ