謎解きはディナーのあとでのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

謎解きはディナーのあとで

3.753.75
文章力
3.63
ストーリー
3.58
キャラクター
4.25
設定
3.75
演出
3.75
感想数
14
読んだ人
30

謎解きはディナーのあとでのあらすじ・作品解説

謎解きはディナーのあとでは東川篤哉による推理小説である。 2012年までに三作シリーズで発売されていて、第一作は2007年に「きらら」で連載され2010年9月に単行本が刊行された。初版発行部数は7000部だったが、発売3日で重版決定となり半年で100万部を売り上げ、2011年の「年間本ランキング」では首位の座に輝いた。第二作は2011年11月10日、第三作は2012年12月12日に刊行された。 この作品の特徴として、普段ミステリー小説を読み慣れていない女性に向けてかかれていることが挙げられる。主人公である新米刑事の宝生麗子が事件の捜査をし、その詳細を彼女の執事である影山が聞き推理する物語である。 Web朗読や漫画化、舞台化もされている。また、2011年10月にフジテレビにてテレビドラマ化、2012年にはスペシャルドラマ、2013年には映画が公開された。主演はドラマも映画も北川景子と櫻井翔がつとめた。 東川篤哉の作品は他に「私の嫌いな探偵」「もう誘拐なんてしない」がテレビドラマ化されている。

謎解きはディナーのあとでの評価

総合評価
3.753.75
(14件)
文章力
3.633.63
ストーリー
3.583.58
キャラクター
4.254.25
設定
3.753.75
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

謎解きはディナーのあとでの感想

投稿する

感想をもっと見る(14件)

謎解きはディナーのあとでの登場キャラクター

宝生麗子

よみがな:ほうしょうれいこ 性別:女 趣味:買い物 口癖:怒った時の口癖は「〜だっつーの!」 職業:警視庁国立署の新米刑事 一人称:怒ると「わたし」から「あたし」に変わる 苦手なもの:風祭警部と煙草の煙、そして影山の毒舌 正体:世界的な企業グループ「宝生グループ」の総帥の一人娘で、一流大学を優秀な成績...

謎解きはディナーのあとでに関連するタグ

謎解きはディナーのあとでを読んだ人はこんな小説も読んでいます

謎解きはディナーのあとでが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ