陽だまりの彼女のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

陽だまりの彼女

3.753.75
文章力
3.79
ストーリー
3.71
キャラクター
3.79
設定
3.71
演出
3.86
感想数
8
読んだ人
27

陽だまりの彼女のあらすじ・作品解説

陽だまりの彼女は日本の男性小説家、越谷オサムによる恋愛小説である。20011年6月1日に新潮社より文庫版が刊行され、女子が男子に読んでほしい恋愛小説として男性からの支持を得て、2013年時点へ累計発行部数100万部を超えた。 主人公奥田浩介は、広告代理店で営業マンと働いていて、打ち合わせで出向いたランジェリーメーカーで中学時代の同級生、当時学年有数のバカと呼ばれいじめられっ子だった渡来真緒と再会することから物語は始まり、仕事のできる美人になっていた彼女と付き合いはじめ、彼女の抱える全生活史健忘症をはじめとする様々な問題を乗りこえていく2人の恋愛模様を描いた作品でファンタジー要素も含まれている。 2013年に「僕等がいた」などを代表作とする三木孝浩監督によって映画化され、10月12日に公開された。 主演を松本潤、ヒロインに上野樹里、そのほかに玉山鉄二、大倉孝二、菅田将暉、夏木マリらが出演し、興行収入は17億円を超えた。

陽だまりの彼女の評価

総合評価
3.753.75
(8件)
文章力
3.793.79
ストーリー
3.713.71
キャラクター
3.793.79
設定
3.713.71
演出
3.863.86

評価分布をもっと見る

陽だまりの彼女の感想

投稿する

感想をもっと見る(8件)

陽だまりの彼女に関連するタグ

陽だまりの彼女が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ