笹の舟で海をわたるのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

笹の舟で海をわたる

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
3.50
キャラクター
3.50
設定
3.50
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

笹の舟で海をわたるの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.503.50
設定
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

笹の舟で海をわたるの感想

投稿する

昭和を生き抜いた二人の女性の強さと弱さの物語

二人が歩いてきた人生を振り返る角田光代さんという人は、女性同士の微妙な人間関係を書くのがとてもうまい人だと思う。『対岸の彼女』もそうだし、『森に眠る魚』もそう。どことなく危なげで、緩んだ結び目の糸みたいにはかなく脆いかと思えば、引っ張ることで強固になる。そういった人間関係をハラハラしながらも読み進めていくと、思わぬ世界が広がっている。まさにラストシーンの告白がそれである。左織と風美子…二人が歩んできた昭和を一緒に振り返りながら、二人の女性の生き様に想いをはせることの出来る物語だった。人生って奇跡のようなことはあまり起こらない。タイトルにあるように心許ない小さな舟が大海に逆らえるはずもなく、たゆたっていくだけ。そういうものだと思っていた。私も左織もどちらかというと、そっちのタイプの人間。でも風美子は笹の舟であっても、「流される」のではなく「わたる」ことを選び取ろうとする女性である。物語の...この感想を読む

3.53.5
  • みまこんみまこん
  • 11view
  • 2010文字
PICKUP

笹の舟で海をわたるに関連するタグ

笹の舟で海をわたるを読んだ人はこんな小説も読んでいます

笹の舟で海をわたるが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ