おしまいのデートのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

おしまいのデート

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

おしまいのデートのあらすじ・作品解説

「おしまいのデート」は瀬尾まいこ作の短編集である。 著者は大阪府出身で、2011年に退職するまでは中学の国語教師をしながら執筆活動をしていた。2001年「卵の緒」でデビュー。第7回坊ちゃん文学賞大賞を受賞している。2004年に発表した「天国はまだ遠く」は2008年11月に映画化され、全国公開もされている。 本作品では色々な形の人との出会いと繋がりを「デート」として取り上げている。 祖父と孫、元不良と老教師、あまり仲は良くないが同じクラスの男子生徒同士、協力して捨て犬の世話をすることになったなんとなくどこか抜けている感じのOLと男子学生など、性別や立場を越えたさまざまな人との出会いと別れの日常を、瀬尾まいこ流の目線でやさしく切なく描いている。 装丁イラストには美味しそうな天丼が描かれているが、本作を読了後には安いたまご丼が食べたくなったり、もう少し登場人物たちのその後を追いかけたくなるような印象を残す作品となっている。

おしまいのデートの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

おしまいのデートの感想

投稿する

おしまいのデートに関連するタグ

おしまいのデートを読んだ人はこんな小説も読んでいます

おしまいのデートが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ