Q&Aのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,067件

Q&A

4.674.67
文章力
4.00
ストーリー
4.33
キャラクター
3.67
設定
5.00
演出
5.00
感想数
3
読んだ人
19

Q&Aの評価

総合評価
4.674.67
(3件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.334.33
キャラクター
3.673.67
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

Q&Aの感想

投稿する

大き過ぎる真実

真実はもしかしたら1つではないのかもしれない。芥川龍之介「藪の中」を連想させるような、奇抜でいて王道な小説。解決のない物語。恩田陸『Q&A』は、前編を通して誰かの語りで進んでいく物語。その進行の形から私がまず一番に連想したのは、芥川龍之介の『藪の中』でした。真相がわからないことを「全ては藪の中」などと表現しますが、その語源ともなった小説です。そのため、今でも「犯人探し」がされている謎多き魅力的な小説であるわけですが、『Q&A』もまさしくそれに通じる魅力たっぷりな恩田ワールドに溢れていました。『藪の中』では最終的に誰の言葉が真実なのかわからないまま終わりますが、『Q&A』も最後まで何が真実なのかはっきりと明示はされていないので、推測するしかありません。そのためのヒントも本のあちこちから拾い上げてこなければならないので、まるで宝探しみたいなワクワク感もありますね。それがまた楽しい(´∀`)物語は...この感想を読む

5.05.0
  • てまりてまり
  • 488view
  • 2530文字
PICKUP

読み始めた瞬間のわくわく感は随一!

単行本版の帯のイラストが何とも衝撃的な1冊です。とある大きなショッピングセンターで謎の災害が起き、逃げ惑う人々が将棋倒しにあったり転んだりして命を落とし多くの人がけがをします。なのに、ショッピングセンター内では何も起きていなかった。いったいなぜ人々は逃げ惑い死ななければならなかったのか?を、タイトルの通り「Q&A」方式で関係者へ質問をしていく物語です。この独特な表現方法に多くの人がわくわくしてページを開いたことだと思います。関係者の中には実際にけがをした当事者から、被害者の家族、人々を救出するために活動したレスキュー隊員など様々な人がおり、それぞれの視点から事件のことが語られます。その中で、一見関係ないような個人の問題や悩みが表出し、物語に深みを与えています。このままQ&Aを続ける中で事件の真相が明らかになるのか?と思いきや、思わぬ方向に話が飛んでいくのは、恩田陸さんならではかもしれま...この感想を読む

4.04.0
  • おみおみおみおみ
  • 12view
  • 704文字

Q&Aに関連するタグ

Q&Aが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ