バスカヴィル家の犬のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

バスカヴィル家の犬

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
2

バスカヴィル家の犬のあらすじ・作品解説

バスカヴィル家の犬は、イギリスの作家アーサー・コナン・ドイル作の長編小説である。探偵役はシャーロック・ホームズで、他の3編のホームズ物の長編小説のように、ホームズが解決した事件と過去の因縁の話という2部形式を取っていない。 魔犬に呪われているという言い伝えがある家柄のバスカヴィル卿が死体で発見され、心臓発作と診断された。だが、遺体の側には犬の足跡があった。卿の主治医の医師が友人のワトスン博士に助けを求め、ホームズに事件解明を依頼する。跡継ぎの甥宛に警告の手紙が届き、ロンドンを離れられないホームズの代わりにワトスン博士が1人でダートムアに調査に向かう。バスカヴィル家の召使やその地域に隠れている脱獄犯、昆虫学者の兄とその妹等の複雑な人間関係が絡み、さらなる犯罪事件に発展していく。 事件の舞台はダートムアの湿地帯であり、伝説の魔犬とともに不気味な雰囲気がよく合っている。2部形式ではないが、ホームズは最初と後半のみの登場で、前半の調査の主役はワトスン博士であり大変珍しい構成になっている。

バスカヴィル家の犬の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

バスカヴィル家の犬の感想

投稿する

バスカヴィル家の犬に関連するタグ

バスカヴィル家の犬を読んだ人はこんな小説も読んでいます

バスカヴィル家の犬が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ