イントゥ・ザ・ワイルドのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

イントゥ・ザ・ワイルド

4.754.75
映像
4.75
脚本
4.50
キャスト
4.00
音楽
4.50
演出
4.50
感想数
2
観た人
4

イントゥ・ザ・ワイルドの評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.754.75
脚本
4.504.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

イントゥ・ザ・ワイルドの感想

投稿する

自分のやり方で、自分の生き方を

旅裕福な家庭で育ったクリスは、全財産を貧しい人のために寄付し、身分証も捨て、アラスカへ向けて放浪の旅に出る。物質過剰な世の中や、キャリア志向の人たちに嫌気がさしていた。クリスは必要最小限しか働かず2年間放浪し、最終的にはアラスカの大地で3か月以上も暮らした。ライチョウやヘラジカを狩ったり、大自然の中で立派に生活した。主にクリスの思想に影響を与えたのは、自給自足の生活をしたヘンリー・D・ソロー、私有財産を否定していたトルストイ、アラスカについての著書を多く持つ小説家ジャック・ロンドンの3人である。本当の親孝行とは何かたった一人で放浪したクリスだが、人とのつながりを軽視していたわけではなかったように思う。むしろ、自ら積極的に人と関わって、楽しく交流していたように見える。旅の過程でたくさんの人と出会い、その中の数人には後に手紙を送っている。アラスカの過酷な大地で、自分自身しか頼れない状況で生き...この感想を読む

5.05.0
  • ウィルウィル
  • 22view
  • 2117文字
PICKUP

イントゥ・ザ・ワイルドの登場キャラクター

クリストファーマッキャンドレス

イントゥ・ザ・ワイルドの名言

幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合ったときだ。

クリストファーマッキャンドレス

クライマックスで、孤独を感じ孤独を通り過ぎ、極限まで耐えた主人公の導き出した答え。

イントゥ・ザ・ワイルドに関連するタグ

イントゥ・ザ・ワイルドが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ