ジョゼと虎と魚たちのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ジョゼと虎と魚たち

4.374.37
映像
4.30
脚本
4.47
キャスト
4.55
音楽
4.43
演出
4.23
感想数
10
観た人
12

ジョゼと虎と魚たちのあらすじ・作品解説

ジョゼと虎と魚たちは、田辺聖子による短編小説を、2003年に映画化した作品である。犬童一心監督、渡辺あや脚本により、妻夫木聡と池脇千鶴を主演に迎え製作されている。 この物語は、大学生の恒夫が、アルバイト先である雀荘で噂の、老婆が押す乳母車にたまたま遭遇し、乳母車に乗せられ包丁を振り回す少女に出会うことから物語が始まる。原因のわからない病により脚が不自由で歩けない少女と恒夫の間には、いつしか特別な感情が生まれ、やがて恋人として過ごすようになるが、その後二人には切ないラストが待ち受けているという甘く、苦いラブストーリーである。 2003年の日本映画プロフェッショナル大賞のベスト3として作品が受賞したほか、主演を務めた池脇千鶴も主演女優賞を受賞している。さらに、主演の妻夫木聡が第2回ロシア・ウラジオストック映画祭で最優秀主演男優賞を受賞したほか、作品、主演男優・女優は、重ねて他賞も受賞、監督、脚本家など各個人で賞を受賞するなど、さまざまな方面で高い評価を得ている作品である。

ジョゼと虎と魚たちの評価

総合評価
4.374.37
(10件)
映像
4.304.30
脚本
4.474.47
キャスト
4.554.55
音楽
4.434.43
演出
4.234.23

評価分布をもっと見る

ジョゼと虎と魚たちの感想

投稿する

大阪のハードボイルドな感覚を体現した映画

大阪の何ともいえない空気感を体現2003年作品。この作品の元になっているのは、田辺聖子氏の同名の短編小説です。田辺聖子といえば、生粋の大阪人。大阪を舞台にした優れた小説を多く書いており、「ジョゼ〜」も大阪の下町が舞台となっています。田辺聖子やあるいは宮本輝の描く、「あっけらかんとあけすけで、人情味があるんけどどこか突き放したようにドライで、淀川みたいにきれいなものも汚いものも、全部大きく飲み込んで、のたりのたりと流れてゆく惰性」といった大阪のありよう。同じ関西人としては、そこが変にしゃらくさくてはどうにもやっとれん、というその空気感。それを、この映画はなかなか好ましく描いていると思います。都会的にど直球に爽やかでハンサムな妻夫木聡を主役に起用しているにも関わらず、この映画にそこはかとなく流れるハードボイルドな感覚というものが私は好きです。監督の犬童一心氏は東京の人なのに、いかにして。と興味...この感想を読む

4.24.2
  • kafuluikafului
  • 32view
  • 2029文字
PICKUP

感想をもっと見る(10件)

ジョゼと虎と魚たちの登場キャラクター

ジョゼ

よみがな:じょぜ ニックネーム:ジョゼ 性別:女性 国籍:日本 ポリシー:足が不自由だが車は使わない主義 特徴:足が不自由 趣味:読書と散歩 特技:料理 好きな本:一年ののち お気に入りの場所:押入れの下の段

ジョゼと虎と魚たちの名言

いちばんコワイもんを見たかったんや。好きな男の人ができたときにこうやって・・・。もしできんかったら、一生本物の虎は見られへん。それでもしゃあないと思うてた。けど見れた。

ジョゼ

恒夫と二人で動物園に来たジョゼが、虎の檻の前で言うセリフ

ジョゼと虎と魚たちに関連するタグ

ジョゼと虎と魚たちを観た人はこんな映画も観ています

ジョゼと虎と魚たちが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ