プライベート・ライアンのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

プライベート・ライアンのあらすじ・作品解説

映画界の巨匠、スティーヴン・スピルバーグ監督による第二次世界大戦を舞台に描いた戦争映画プライベート・ライアンは、1998年に公開され、アカデミー賞11部門にノミネートされた作品である。 ノルマンディー上陸成功後、死者など多くの犠牲者を出しており、更なる被害者が懸念されていた。そんな中、ミラー大佐にある命令が下された。ジェームズ・ライアン二等兵の救出作戦である。ジェームズ・ライアンには他に三人の兄弟がいたが、全員戦争により命を落としており、母親に全員死亡の知らせをすることを酷だと感じたことにより、たったひとりとなったライアン家の息子を助ける作戦の命令が下された。 自分の命すら危うい最中、ひとりの青年の為に八人の兵士が作戦のために駆り出される。不満が積もるも、救出作戦は実行される。 救出作戦を下されたミラー大佐役のトム・ハンクスを含め、リアルな演技を求めて軍事訓練を受けている。その際、ライアン役のマット・デイモンの訓練は意図的に行わず、敵対する場面演出に用いた本格的な映画である。

プライベート・ライアンの評価

総合評価
3.833.83
(6件)
映像
4.104.10
脚本
3.803.80
キャスト
4.174.17
音楽
3.803.80
演出
3.903.90

評価分布をもっと見る

プライベート・ライアンの感想

投稿する

誰が猫の首に鈴を着けるか 

監督はスティーヴン・スピルバーグ、良かったですね、ドリームワークスはこれで当てて、次の作品の投資を持ってくる事ができた作品です。舞台は1944年。第2次世界大戦中、フランス・ノルマンディのオマハビーチでドイツ軍の銃撃を受け、米英連合軍の歩兵達は、大量の兵士を無くします。これ悪いお知らせを一人のタイピストが上官に見せるのです。ここは、単調なタイピングの仕事をしててはっと手を止める仕草。見事な誘い込みに持っていく始まりです。誰も悪い知らせの責任者に成りたくないと言う、不味い不味い、ボクは知りませんでしたと逃げたい皆様。やっと生き残ったミラー大尉(トム・ハンクス)に、軍の最高首脳は使命を与えるのです、ある家族の中の最後の男の一人を生きて帰国させよと。もう15年以上になりますが、当時フランスにも徴兵制がありましたが、徴兵例外のカテゴリーで特別に間逃れる場合、一人息子で在る場合や父親が死亡していると言う...この感想を読む

4.04.0
  • 82view
  • 413文字

感想をもっと見る(6件)

プライベート・ライアンの登場キャラクター

ジョン・H・ミラー大尉

プライベート・ライアンの名言

Earn this, earn it.

ジョン・H・ミラー大尉

ライアンを助けに来た仲間達がどんどん追い詰められて死んでいき、最後にミラー大尉も生きながらえることができず、ライアンに最期に言った言葉。 1人を助けるために大勢が死んでしまう、その犠牲のうえに得られた人生、生命の価値。それをこれから大事に生きろ!という意味で言った言葉です。

プライベート・ライアンに関連するタグ

プライベート・ライアンが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ