マッハ!のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

マッハ!のあらすじ・作品解説

タイ武術ムエタイアクションが見どころの、2003年に公開されたタイのハード・アクション映画。監督/製作は「トム・ヤム・クン!」「チョコレート・ファイター」で知られるプラッチャヤー・ピンゲーオ。”(アクションに)CG、スタントマン、ワイヤー、(編集の)早回しを使わない”が宣伝コピーで、主人公ティンを演じたスタントマン出身の「トム・ヤム・クン!」「バトルヒート」のトニー・ジャーの壮絶なアクションは世界各国で話題となった。 タイの小村の寺に祀られていた仏像の頭部が、密輸団のコム・タン一味のドンによって盗まれる。寺の記念式典が間近に迫る中、災いの前兆だとして、長老らは孤児でムエタイの熟練者ティンに首を戻すよう依頼する。彼はバンコクのジョージを訪ねるものの金を持ち逃げされ、賭け試合に参加し、少女ムエと共にコム・タンを追うが…。 ジョージを「ダブルマックス」で監督/主演を務めたペットターイ・ウォンカムラオ、ムエを同作でも共演のプマワーリー・ヨートガモンが演じた。他にスチャオ・ポンウィライなど。

マッハ!の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
5.005.00
音楽
3.003.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

マッハ!の感想

投稿する

ヤバいを説明出来るなら

マッハ!のアクションアクションがヤバい。マッハ!についての意見を求めれば誰もがそう口を揃える。かく言う私も初めて見たときの感想と言えばアクションがヤベェだった。極めて頭の悪い感想ではあるけれども。しかしその頭の悪い感想はあっという間に私の脳を支配。それからと言うもの私はすっかりマッハ!信者になるという有り様。せっかく信者化したのだから、ここは一つ、何がそんなにヤバいのかをお伝えしたいと思う。なんせ本当にヤバいから。カンフーはアクション映画の歴史そのものマッハ!を語る前に。どうしても避けて通れないカンフー映画についてちょこっと。完全な主観だけれど。アクション映画と言えば、やはりカンフー映画だと思う。ブルースリーが作った宇宙だとか何だとか、偉い評論家の人も言ってた。アジアにおいてのアクション映画とは、間違いなくカンフー映画であり、ブルースリーであり、ジャッキーであり、ジェットリーなのだ。私...この感想を読む

5.05.0
  • ひな子ひな子
  • 7view
  • 3496文字
PICKUP

マッハ!に関連するタグ

マッハ!が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ