ピークフィクション - ベルセルクの感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

ベルセルク

4.754.75
画力
4.92
ストーリー
4.33
キャラクター
4.42
設定
4.33
演出
4.58
感想数
6
読んだ人
11

ピークフィクション

5.05.0
画力
5.0
ストーリー
5.0
キャラクター
5.0
設定
5.0
演出
5.0

"あなたは今までそんなに誰かを嫌っています,この気持ちだけでは、物事を把握するために恐ろしく、不可能を行うためにあなたを駆動すること?
あなたは今まであなたの人生はその人を見つけ、彼を離れてリッピングに焦点を当てていたことを、そんなに誰かを嫌っていますか?
あなたは今までそんなに誰かを嫌っている,あなたはあなたの人間性を忘れるだろうこと,ちょうど十分な力を見つけるためにそれをすべてパージ,一..

あなたの目はその瞬間にどのように見えるでしょうか。..? 正気か? 恐怖? 情熱的? 幸せ? または多分。.. 満足しています。..

彼の目を見て、そこには何も見つかりません。.."

私が最初に凶暴な漫画のようなものがあることを知ったとき、私は少し驚きました。 それは7年前のことで、アニメとマンガの関係についてはほとんど知りませんでした。 いずれにせよ、私は私のチャンスを取り、いくつかの最初のボリュームをダ
私は漫画が本当にいくつかの時間前に私の一日を作ったアニメからは程遠いであることに気づいたとき、あなたは私の驚きを想像することがで 最初の章を苦労して、私は次の巻に移動しました。 あなたが知っている、アニメ自体は、そのすべての創意工夫で、全体の漫画のほんの一部です。.. いくつかの削除されたシーンとビットはそれで終わるやり直しといくつかのボリュームと同じくらい小さい。 しかし、マンガ(第3巻)の"アニメプロットライン"に到達した瞬間に、私はすでに漫画自体に興味を持っていました。

私はプロットを要約することに意味がないと思います。 あなたは上でそれを読むことができます、そして何も台無しにしないために、私はあなたがすべきだと思います。 あなたは、しかし、これを知っている必要があります:凶暴な漫画は、プロットラインと文字の開発の面で-はるかに私が今まで読んだ中で最高の漫画、最も完.. どこにもあなたも気づかないことをとてもぶっきらぼうに、まだ控えめなサブ文字の物語を言われることはありません。 どこにもあなたは情報のような巨大な線量を受け取り、まだまだ楽にそれを理解することができます。 これは不思議なものであり、率直に言って、私は誰もがレベルに到達することができるようになることを疑います。

文字はちょうど素晴らしいです。 一方で、私たちはGuttsとGriffith、黒と白の色合い、火と水を持っています。 とても異なっているので、どちらも他のものなしでは生きられません。 彼らは陰と陽、同じコインの2つの半分のようなものです-彼の最も暗い瞬間でさえ、グリフィスはまだGuttsの友人として自分自身を見つけますが、数分後 彼らの全体的な話は、彼らが笑顔でお互いのために死ぬだろう偉大な友人としてオフに開始し、そのうちの一つだけが本当にここでコミットされている、そのようなものです。
私たちは他の主人公や拮抗薬を考慮すると、文字がさらに輝きます。 人は浅く、伝えるための物語なしで残されていません。 三浦先輩は、与えられた時間内にすべてを説明し、あなたが興味を持って維持するのに十分な簡単に。 敵対者が主人公のためのパワーアップ訓練袋としてのみ機能するために存在する他のタイトルとは異なり、ここではすべての悪魔が彼らの動機を持 最小のモンスターでさえ、あなたがそのようなscumbagsにさえ付いていると説明されています。

物語自体は残忍で、時には荒々しく、多忙です。 しかし、あなたは本当にそれならば、トラックを失うことはありません。 あなたは一つの市長アークに二つのミニアークを持つことができますが、あなたは常にチームの本当の目的地が何であるかを覚えてい このように、三浦先輩は、ガッツは少し情熱的ではあるが、彼の道をたどり、彼が破壊されたとしても、彼はつまずくことも戻ってこないことをあなたに明 彼の外見にもかかわらず(Berserkのように外見が欺瞞的であることに気付くことは他にありません)、非常に強い意志とまっすぐな性格のグリフィスにも そして、このすべてで、ミッドランドで起こるすべての残虐行為を見て、あなたはグリフィスを間違ったものと考えることはありません。 彼は間違っていない、彼はちょうど彼の夢、彼の人生の中でGuttsの外観で曇っていた夢に従っています。

Art itself is a state of art to see and read. Detailed panels, hundreds of characters on one page during hectic battles, very textured monsters and what I love most - fluid, realistic and clear combat scenes. Despite the weight of his sword, Kubo doesn't have to troll in ink to see gutts have his speed. You don't need hundreds of straight lines to increase the dynamics of the scene - Dr. Miura manages everything without compromising quality.
The facial look is completely different. Even if you can't follow the plot for some strange reason, you always look at his or her face and whether the characters are good or bad are rich in expressions that are very detailed and you will not get bored. You can feel the difference between griffiths' smooth and angelic appearance and the difference between the nut, yet a rectangular face of gutts kind.

manga artists make a lot of effort into ferocious, shady and light. by that, we get a very peculiar night, sunshine and sunset, as well as dynamic shadows (but awkward sounds) that anime directors can't mime. being able to see it all and even read the story of it is simply sensational.. it is clear to me that mr. miura is trying to be something like a masterpiece of manga. and what do you know? he's pretty close to achieving this.

but there are also some bad points. comics are not for everyone. i will strictly add parent advice and 18+ to that. you won't see so much nudity, sex and violence like this cartoon anywhere. but it's not nudity and sex like hentai. berserk shows a violent world with all its sides, so these parts are as much as others to make the story as believable as possible

it was good to be able to read manga. it is one of the best, if not so far, titles ever. however, i sincerely hope that prof. miura will live up to expectations and end this story in an appropriate way. judging by his latest work, it's more than possible.

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

主人公、画力、全てに魂が込められた『ベルセルク』

凄まじい筆致は狂戦士さながら『ベルセルク』は漫画界に名を残す名作だ。そして『ベルセルク』を名作と捉える人のうち、本作品のどこに惹かれたか?と問われ、まず画力を挙げる人は多いだろう。『ベルセルク』は、作者三浦建太郎が当初大学在学中に描いた作品で、大学を卒業したあとで連載がスタートした。しかし、この短編も連載作品も、当時21、22歳の若者が描けるレベルの書き込みではない。『ベルセルク』は中世ヨーロッパをテーマにしたダークファンタジーと一言で説明されるが、中世ヨーロッパの世界観を描くのには、まず膨大な資料が必要だ。服装、建物、髪型、武器、鎧、王城…それら全ての資料を集め、自分の描きたい世界に落とし込み、使いこなす。しかも三浦建太郎は、そこら辺のファンタジー漫画家がぼやかして描く宗教的世界観にも果敢に挑み、中世社会の混沌とした宗教を主題としてエピソードを盛り込んだうえで、描き切っている。これは...この感想を読む

4.54.5
  • すらりすらり
  • 420view
  • 2423文字
PICKUP

三浦先生ありがとうございました

after the death of kentaro miura, i felt the need to share what his life dedication did for me personally.Berserk has a lot of reviews and it will be more analytical and detailed about how Berserk deserves the best comic titles. More than that, it's ferocious and what it means to me is valuable to my mind. There's not much in a world like being in a relationship, in a world where you can influence me as a person, but the changing and affecting me of literary works is something only a masterpiece like Berserk can do.berserk is very simply a cartoon about hardship and why guts continue to struggle until he finally reaches some form of happiness. for someone like me who suffered from my will to live, berserk hit me hard.say what you do about berserk,whether you just like the first hundred ...この感想を読む

5.05.0
  • Chris34Chris34
  • 23view
  • 1123文字

どうすればベルセルクは終わるのか

完結するのか、それが問題1989年から始まり、現時点で39巻刊行されているダークファンタジー漫画、ベルセルク。ある意味同じ系統の漫画として、H×HやBASTARD、BLACK LAGOONなどがあるだろう。どれも、作者がサボーー、色々な理由で進行が著しく遅くなっている作品だ。きっと、より密な書き込みを、より面白く斬新な展開を、自分の作品に徹底したこだわりを持っているのだろう、多分。なかでも、BLACK LAGOON以外の作品は、大きく風呂敷を広げすぎてしまい、正直終わりが見えなくなってしまっている。完結するのが先か、忘れられてその内にーーただ、ベルセルクに関しては、十二分に希望は残されていると思う。特別な二人まずは幼少期のガッツは傭兵である父に認められたくて剣を振っていた。母が死に、父の元で生きて行くには強くなければいけない。父の役に立つ事で、初めて彼は、自分が世界から認めらたと感じたのだろう。それは父を殺してしまうまで続...この感想を読む

5.05.0
  • るーしあるーしあ
  • 372view
  • 2402文字

感想をもっと見る(6件)

関連するタグ

ベルセルクを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ベルセルクが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ