うしおととらのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,111件

うしおととら

4.504.50
画力
4.50
ストーリー
4.25
キャラクター
4.75
設定
4.25
演出
4.25
感想数
2
読んだ人
10

うしおととらのあらすじ・作品解説

「うしおととら」は週刊少年サンデーで、1990年から1996年の長期にわたり連載された妖怪マンガである。内容は、主人公である少年うしおが、自宅である寺の蔵から妖怪を退治する槍である「獣の槍」と、それに縫い留められていた恐ろしい妖怪「とら」を解放したことから始まる。そして、この世を脅かしている存在である宿敵の大妖怪を倒すべく、とらを相棒として引き連れて旅に出る。うしおは獣の槍を持つと風貌が変わり、髪が妖気を帯びて長く伸びて禍々しい姿となり、妖怪と戦うことができる。また、うしおを隙あらばとって食おうとするとらも、正義感あふれるうしおに次第に感化されていき、ともに妖怪と戦うようになる。物語は行く先々で出会う人々や、味方となる妖怪との交流もハートフルに描き、今でも根強いファンのいる傑作となっている。 この作品はコミックスの発売の他、アニメは全10話のOVAが発売済みと、小説版やCDが発売されている。

うしおととらの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.254.25
キャラクター
4.754.75
設定
4.254.25
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

うしおととらの感想

投稿する

自己犠牲のインフレと、日本人気質の関連性。そして世界へ。

うしおー!無茶しすぎィー!!うしおは無茶な男だ。いや、無茶な少年である。彼は中学生、まだまだコドモに過ぎない一介の少年なのだ。しかし槍に選ばれた、それだけでまたどえらい無茶をしていく。アクションマンガであるということはそりゃ知ってるさ。それにしたってアナタ、切れてる!折れてる!炭化してる(足)!周りのキャラクターの無理もなんのその、うしおの無茶は作品随一である。他の無茶と言えば、とらが飛行機を着地させたくらいか。あれは確かに無茶だった。しかし、ほかのキャラクターはそれなりに「自分のキャパシティ」を意識している部分がある。自分の限界を超えた活躍をしたキャラクターにはその当然の結果として「死」が訪れる。鏢、凶羅は、明らかに自らの身体の限度を突破した。二人の死には精神的な面もまとわりついている。特に鏢については、目的を達成した解放感もあるかとは思う。その点、やはり彼らは人間であり、「我々側」...この感想を読む

4.54.5
  • 中山今中山今
  • 31view
  • 3018文字
PICKUP

うしおととらの登場キャラクター

蒼月潮

よみがな:あかつき うしお 年齢(作品時):14歳 身長:152cm 体重:48kg 性別:男 国籍:日本 住まい:東京都みかど市 性格:曲がったことや嘘が大嫌いで良くも悪くも真っ直ぐ 特徴:戦闘時には槍の力によって自身も妖と化す為、髪が長く伸び、瞳は細く、牙や爪が鋭くなるなど容姿に変化が現れる 趣味:絵を描くこと ...

秋葉流

よみがな:あきば ながれ 性別:男 国籍:日本 所属:光覇明宗 性格:自他ともに認める天才 ポリシー:本気をださない 特技:光覇明宗全般・結界術 物語上での目的:白面復活阻止→とらとの戦闘 興味:とら 苦手な人物:うしお 光覇明宗の立場:獣の槍伝承者候補

凶羅

よみがな:きょうら 性別:男 所属:元光覇明宗 性格:暴力的 特徴:体格容姿ともに和羅と瓜二つだが火傷の跡がない 趣味:戦闘 特技:光覇明宗の技全般 武器:穿心角 本名:キョウジ 苦手な人物:日崎御門 血縁:和羅(弟)

キャラをもっと見る(9件)

うしおととらの名言

あいつとなら…もっと…旨いだろうな

家族を殺した宿敵を自分の命と引き換えに倒し最後に、酒を飲んだときに発した言葉。憎しみから開放され、自分の目的を達成し、安堵したときに思い出すのが主人公 うしおの顔。支え合う関係ではなかったが、主人公の存在が大きく心を支えていたことが感じられるセリフ

今、オレ達は…太陽と一緒に戦っている!

蒼月潮

数々の苦難を乗り越え、一度は敗れた宿敵「白面の者」との最終決戦。決して一人では勝てる相手でなく、冒険を通じて得た仲間や、相棒とらと協力し、白面の者を追い詰めたときに台詞。

ここで、命惜しさにおりちゃ…マジに獣みてえじゃねえか!

蒼月潮

主人公の使う、獣の槍は使い手の心を蝕み、使い続けると使い手が獣になってしまうやり。人間を救う為、槍を使い続け身体の獣化が始まり、周りから止められたときの台詞。潮のまっすぐさが表現されてると思います。

名言をもっと見る(18件)

うしおととらに関連するタグ

うしおととらを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

うしおととらが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ