流星ワゴンのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

流星ワゴン

4.834.83
文章力
5.00
ストーリー
4.83
キャラクター
4.83
設定
4.83
演出
4.83
感想数
3
読んだ人
21

流星ワゴンのあらすじ・作品解説

「流星ワゴン」は直木賞作家重松清による長編小説である。月刊小説誌である「小説現代」に2001年1月号から12月号まで連載された後、単行本が発売され、発売から増刷を重ね大ベストセラー小説であり、2015年1月にはドラマ化され話題になった。 会社はリストラ寸前、子供はひきこもり、暴力を振るう。そして、浮気を重ねる妻。「もう、死んでもいい」と思っていた37歳の秋。そんな夜、ワゴンに乗った不思議な親子に出逢う。促されるままそのワゴンに乗り込む。このワゴンはいったいどこへ向かっているのか?その先でもまたも不思議な出逢いが・・・・。自分と同い歳の父と出逢った。親子でも友人でもなく「朋輩」として自分と同い歳の父と行動を共にしていくうちに、気づかなかった多く事に気づき始めていく ワゴンに乗った親子と、自分と同い歳の父。この出会いがもらたした結末とは?家族小説の新境地、2002年度の「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた作品である。

流星ワゴンの評価

総合評価
4.834.83
(3件)
文章力
5.005.00
ストーリー
4.834.83
キャラクター
4.834.83
設定
4.834.83
演出
4.834.83

評価分布をもっと見る

流星ワゴンの感想

投稿する

流星ワゴンの登場キャラクター

永田忠雄

よみがな:ながた ただお

流星ワゴンの名言

世の中には、何かをやるやつと何かをやらないやつの2種類しかおらんのじゃ!お前はどっちじゃ!やるんか?やらんのか!?

永田忠雄

逆上がりを諦めかけていた孫に忠さんなりの言葉で応援をした

流星ワゴンに関連するタグ

流星ワゴンを読んだ人はこんな小説も読んでいます

流星ワゴンが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ