ハゲタカのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

ハゲタカ

4.334.33
文章力
4.33
ストーリー
4.33
キャラクター
4.67
設定
4.50
演出
4.33
感想数
3
読んだ人
3

ハゲタカのあらすじ・作品解説

ハゲタカは2004年に出版された真山仁による長編小説である。ニューヨークの投資ファンド運営会社社長、鷲津政彦が日本に舞い戻り企業買収をしていく話で、『バイアウト』『レッドゾーン』『グリード』とシリーズ化されている。 この作品はバブル崩壊後の1997年から2004年の日本を舞台にしていて、バイアウト・ファンドマネージャーである鷲津政彦と芝野健夫を中心にして不良債権を抱える企業の株や債権を買い叩き企業買収をしていく様を描く。この作品に登場する企業には、それぞれモデルになった企業が存在し、出来事も実際の出来事が元になっているが作品に登場するものはあくまで架空のものであるという留意が必要である。 2007年に大森南朋主演でテレビドラマ化され、ギャラクシー賞の優秀賞をはじめ数々の賞を受賞した。2009年にはテレビドラマが国内外から高く評価されたことにより、テレビドラマとほぼ同じ出演者、スタッフによる後日談が映画化された。

ハゲタカの評価

総合評価
4.334.33
(3件)
文章力
4.334.33
ストーリー
4.334.33
キャラクター
4.674.67
設定
4.504.50
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

ハゲタカの感想

投稿する

ハゲタカに関連するタグ

ハゲタカを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ハゲタカが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ