母子寮前のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

母子寮前

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

母子寮前の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

母子寮前の感想

投稿する

小谷野敦の「母子寮前」は、いつか来る日のための珠玉の一冊

「母子寮前」は、癌になった母が病名を宣告され、死ぬまでを、著者の小谷野敦を思わせる「私」の視点で描いた作品だ。これは小説と言いながらも、ノンフィクションなのだろうと思った。著者の感情に呑み込まれ、泣いてしまうだろうなあ、と思っていた。「私」は、母の死を目の前にして感情が揺さぶられ、動揺し、思い悩んでいるのだが、文章自体はそうでもなく、それらを感じさせないように抑制しているように感じた。少し離れた地点から、我が身を見て、それを描いているような感覚があったから、冷静に読める。それでも、やはり母の死は悲しい。「私」は、苦悩の毎日だ。医者に宣告された時の心情をこう描いている。「私の最大の味方である母をも失うのか」。本を書けば、ちゃんと読んでくれる。テレビやラジオに出演したら、視聴してくれる。鬱病を患った時も、看病に来てくれる。引っ越しの手伝いにも来てくれる。子供にとって、母は一番の、そして、も...この感想を読む

4.54.5
  • 驟雨驟雨
  • 2view
  • 899文字

母子寮前に関連するタグ

母子寮前を読んだ人はこんな小説も読んでいます

母子寮前が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ