レッドゾーンのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

レッドゾーン

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

レッドゾーンのあらすじ・作品解説

レッドゾーンは、2009年に講談社より出版された日本の長編小説である。 著作者は日本の小説家・真山仁。台頭著しい中国企業の攻勢を背景に、日本最大の自動車メーカー「アカマ自動車」の陰謀渦巻く買収劇の中、主人公「鷲津政彦」が中国企業に挑んでいくストーリー。ジャンルとしては、投資ファンドを中心とした経済小説となっている。 本作は2004年に出版された真山仁の処女作「ハゲタカ」のシリーズ続編となっており、2006年出版の「バイアウト」に続く第3作目である。 現実に起こった買収や経営破綻、国有化などの企業問題がベースとなって、ストーリー構成がなされているのが特徴。また、一部現実に行なった企業問題をそのまま作中に持ち込まれることが稀にある。 本作の出版後、2013年にシリーズ第4作目となる「グリード」が出版。 また、第1作と2作を原作としたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」が2007年に放送されると、本作を原作とする映画「ハゲタカ」が2009年に公開された。

レッドゾーンの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

レッドゾーンの感想

投稿する

レッドゾーンに関連するタグ

レッドゾーンを読んだ人はこんな小説も読んでいます

レッドゾーンが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ