東京タワーのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

東京タワー

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
2.75
キャラクター
2.75
設定
2.75
演出
3.50
感想数
2
読んだ人
9

東京タワーの評価

総合評価
3.503.50
(2件)
文章力
4.004.00
ストーリー
2.752.75
キャラクター
2.752.75
設定
2.752.75
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

東京タワーの感想

投稿する

2つの愛

大学生の透と人妻の詩史。いわゆる不倫だけれども、詩史が話す1つ1つの言葉によってキラキラと甘く切ないラブストーリー。透と詩史、透の親友の耕二と不倫相手の喜美子。不倫という恋愛のカテゴリーは同じでも性質の違う2つの恋愛が物語を紡いでいきます。耕二喜美子は攻撃的で相手を疲労させ、傷つけるけれども相手を求めずにはいられない愛。透と詩史は穏やかだけれども詩史の口から発せられる正直で、残酷な甘い言葉に透は翻弄され、静かに追い詰められていく。2人の女はタイプは正反対だが、共に奔放だ。詩史は精神が、喜美子は性に対して。耕二と喜美子が加速的に互いの体にのめり込み倒錯していく先には破綻しか見えない。わかっているのにやめられないのは何かしらの中毒症状に似ている。透と詩史は共に生きていく決断をするが、それは決してハッピーエンドではない。作中、耕二は言う。「生まれた瞬間には誰も傷ついていない。人間は完璧な無傷...この感想を読む

3.53.5
  • じゅんじゅんじゅんじゅん
  • 24view
  • 523文字

「恋愛の持つ甘やかさ、残酷さは、人生と相容れない。」

2001年に発行された江国香織による恋愛小説です。2005年には、黒木瞳、岡田准一主演で映画化もされています。タイトルの言葉は新潮社から発行された文庫本の解説から抜粋したもので、江国香織が映画のクランクイン前に贈ってくれた言葉らしいです。わたしはこの言葉を読んで、すごく腑に落ちた気持ちにさせられたというか、あっさり納得させられてしまったのです。こちらの小説は、対極的な二組の恋人たちが中心に描かれていますが、共通点があります。それは、登場人物の男の子二人が年上の女性に恋をしていることと、不倫であると言うことです。不倫は世間的にも許されるものではなく糾弾されることが多いもので、私自身も不倫は許せないと言う考えを持っています。それにもかかわらず、この小説にはあまり不快感を感じません。甘くきれいで、これこそが純粋な恋愛なのではないかと思わされるのです。二組のカップルの内、耕二という大学生の男の子が出て...この感想を読む

3.53.5
  • ぽるぽる
  • 23view
  • 980文字

東京タワーに関連するタグ

東京タワーが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ