都の子のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

都の子

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

都の子の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

都の子の感想

投稿する

『都の子』と私と

『都の子』この本は、江國香織さんの『号泣する準備はできていた』という本と同時進行で読んだ。初めて『号泣する準備はできていた』を読んだ時は、どうしても「分かりたい分かりたい」と思ってしまい、心を落ち着けて読むことができなかった。江國香織さんの別の本を読めば、ちょっと違った気持ちで『号泣する準備はできていた』を読めるかなと思い、少し遅れで『都の子』を読み始めることにした。「安っぽい飴の色」この本を読んでいる今、私は、高校生である。本文の「私は、制服姿の女学生のつける、色つきリップとよばれるリップスティックも好きだ。あの安っぽいつやつやの赤。」。私は、その瞬間、それに虜になった。色つきリップを想像するだけでドキドキする。赤いやつ。校則で、色つきリップはメイクと同じだからもちろんダメ。だけど、電車だけでいいから。付けていたい。今しか付けられない気がするから。私の特別なもの江國香織さんの言葉に触...この感想を読む

5.05.0
  • りんごりんご
  • 21view
  • 2072文字
PICKUP

都の子に関連するタグ

都の子を読んだ人はこんな小説も読んでいます

都の子が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ