三毛猫ホームズの推理のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

三毛猫ホームズの推理

4.504.50
文章力
4.33
ストーリー
4.17
キャラクター
4.00
設定
4.67
演出
4.50
感想数
3
読んだ人
9

三毛猫ホームズの推理のあらすじ・作品解説

三毛猫ホームズの推理は、小説家・赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズ第一弾で1978年に光文社カッパノベルズから発表された、猫が主人公の長編推理小説である。 父の跡を継いで刑事になった片山義太郎は血と女性が苦手なダメ刑事だが、上司に命じられて女子大で起きた殺人事件のために現場を向かう。殺された学生の通っていた文学部部長・森崎から事情聴取を行うと、その学生が売春をしていたこと、それが組織的なものであることがわかり、片山は大学内に潜入し、内偵をすることになった。森崎はもちろん、協力してくれる学生も現れ、調査を続けていたある日、森崎が殺害され、その飼い猫であったホームズを預かることになってしまう。 2015年時点で、シリーズは長編・短編集を合わせ、40作品以上に及ぶ。 1984年に角川書店角川文庫で文庫化、1985年に光文社文庫に収録されている。2作目以降は光文社文庫に収録したあと、角川書店角川文庫を二次文庫として収録。 何度かテレビドラマ化されている。

三毛猫ホームズの推理の評価

総合評価
4.504.50
(3件)
文章力
4.334.33
ストーリー
4.174.17
キャラクター
4.004.00
設定
4.674.67
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

三毛猫ホームズの推理の感想

投稿する

三毛猫ホームズの推理に関連するタグ

三毛猫ホームズの推理を読んだ人はこんな小説も読んでいます

三毛猫ホームズの推理が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ