壺霊のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,104件

壺霊

4.754.75
文章力
5.00
ストーリー
3.75
キャラクター
4.75
設定
4.75
演出
4.50
感想数
2
読んだ人
2

壺霊のあらすじ・作品解説

壺霊(これい)は、内田康夫のサスペンスミステリー小説である。この小説作品のあらすじは、京都の老舗骨董店の女将が、代々伝わる高価な壺と共に忽然と姿を消すところから物語が始まる。秋の風情深まる美しい京都を、グルメリポートのためと思い訪れていた浅見光彦は、老舗骨董店の娘の伊丹千寿から壺を手に失踪した母親を探しだしてほしいと懇願される。そこで名探偵と言われる浅見光彦が、情緒あふれる美しい京の都をめぐり謎を解決していく。この作品では、美しい古都を背景に古の壺にまつわる女達の抱える情念と彼女たちの現実の虚ろさともろさを美しくも儚くサスペンス・ミステリーと並行して、主人公で探偵の浅見光彦によって描き出されていく。 この小説作品は、内田康夫のベストセラーである一連の旅情ミステリー、浅見光彦シリーズの一つである。この作品は2007年から2008年に京都新聞で連載され、2014年11月17日にはTBSの月曜ゴールデンにてテレビドラマ化された。

壺霊の評価

総合評価
4.754.75
(2件)
文章力
5.005.00
ストーリー
3.753.75
キャラクター
4.754.75
設定
4.754.75
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

壺霊の感想

投稿する

実在の風景を思い浮かべながら読める作品

作中には実在のお店・寺院が多数。ガイドブック代わりにできる一冊この作品は「浅見光彦シリーズ」の作品であるが、浅見が表向きは京都の四条河原町にある、高島屋のダイニングガーデン京回廊の取材に行くという名目で京都にやってくる。ダイニングガーデン京回廊とは、実際に京都高島屋内にある食事処が集まったフロアであるが、八起庵の親子丼や、つな八の久蔵丼など盛り付けや味の食レポが詳細に書かれているのが興味深い。高島屋以外では、京都では有名なラーメン店天下一品のこってりしたラーメンについてや、幽霊の子育て飴本舗で売っている素朴な味の飴のことも非常に丁寧に書かれており、実際に行って食べてみよう、買ってみようという気持ちになるような作品である。寺院についても、安井金毘羅宮など縁切りで有名な寺院が重要な舞台となっており、実際に足を運んだ人は金毘羅宮の独特の雰囲気を思い出すことができ、行ってない人は一度参拝してみ...この感想を読む

4.54.5
  • tamamatamama
  • 11view
  • 1049文字
PICKUP

壺霊に関連するタグ

壺霊を読んだ人はこんな小説も読んでいます

壺霊が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ