無伴奏のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

無伴奏

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

無伴奏の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

無伴奏の感想

投稿する

刹那的な恋

小池真理子さんの、いわゆる恋三部作のひとつです。主人公は3作品の中で一番若い、高校生。高校生特有の自我や嫉妬心、自己顕示欲がいやらしくない程度にでもリアルに描かれていると感じます。この作品で一番印象的なのは、タイトルにもあるバロック喫茶無伴奏の描写です。主人公の響子と渉、祐之介とエマが出会うことになる重要な場所ですが、まるで自分も行ったことがあるかのように情景が目に浮かびます。2016年に映画化される際、作者の実写化にあたっての条件は無伴奏を忠実に再現することだったそうですが、理想通りに再現されていたように思います。響子と渉が激しい恋に落ちる一方で、響子は受験や親との関係といった高校生が避けて通れない悩みにもぶつかります。渉の前では大人ぶった彼女が、高校生らしい子供らしさを見せる二面性がいじらしく写りました。そして渉との関係は思わぬ方向へ向かい悲しい結末を迎えるのですが、畳み掛けるこのラスト...この感想を読む

4.54.5
  • おみおみおみおみ
  • 16view
  • 554文字

無伴奏に関連するタグ

無伴奏を読んだ人はこんな小説も読んでいます

無伴奏が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ