『アンネの日記』のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

『アンネの日記』

4.384.38
文章力
4.33
ストーリー
4.17
キャラクター
4.17
設定
4.50
演出
3.67
感想数
4
読んだ人
14

『アンネの日記』のあらすじ・作品解説

世界一有名な日記と言っても過言ではないこの『アンネの日記』は、第二次世界大戦中、ドイツ占領下にあったオランダ、アムステルダムでユダヤ人狩りから隠れ住んだ8人の生活を日記として書いた物だ。読み物としてだけでなく歴史的な記録としても大変重要な物である。 作家希望であったアンネ・フランクは自分用の日記と、公表するために書いた日記二つを持っており、2003年に発表された「増補新訂版」はこの二つを合わせた「完全版」に更に新しく見つかった日記の内容を加えた内容である。 13歳のアンネは生き延びるために自分の家族や他の家族と隠れ住むことになった。家から出ることもできず、窓も開けられず、大きな音を立てることもできない。不満が募りながらも前向きに生きようと勉強を続ける。大勢での共同生活は様々な人間関係を生み、母とはソリが合わないが、同世代のペーターと恋をする。 思春期の貴重な2年間でアンネの生きた時代と感じたことを読み取ることができる。

『アンネの日記』の評価

総合評価
4.384.38
(4件)
文章力
4.334.33
ストーリー
4.174.17
キャラクター
4.174.17
設定
4.504.50
演出
3.673.67

評価分布をもっと見る

『アンネの日記』の感想

投稿する

色褪せないアンネの日記 ~アンネが私たちに教えてくれること~

今さらのアンネの日記 アンネの日記は聖書に次ぐベストセラーなどと言われるが、今回読んでみて、世界中で読み継がれている理由がよくわかった。アンネの日記は私たちに、ただ戦争の悲惨さを教えるだけではない。自分の意思を持ち考えることの大事さを伝え、人間の持つ可能性を信じさせてくれる。 学生時代、推薦図書としてアンネの日記が挙げられていたこともあったが、読んでみようとしなかったのはなぜだったか…。はっきりこれといった理由はないが、あまり変化のないであろう隠れ家生活の記録を退屈に感じそうだったのと、日記を書いた少女が悲惨な最後を遂げているという事実が重くて、読む気が起こらなかったからだと思う。 だが実際に読んでみると、確かに隠れ家での生活は変化に乏しいが、だからこそ時折行われる誰かの誕生日やクリスマスなどのイベントがどれほど隠れ家の住人の心に潤いをもたらすか、また限られた空間に閉じ込められた人々の...この感想を読む

4.04.0
  • つきづきつきづき
  • 30view
  • 3067文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

『アンネの日記』に関連するタグ

『アンネの日記』を読んだ人はこんな小説も読んでいます

『アンネの日記』が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ