魔法にかけられてのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

魔法にかけられてのあらすじ・作品解説

ケヴィン・リマ監督によるディズニーミュージカル映画魔法にかけられては、シンデレラや白雪姫などの物語を取り込み、新しいプリンセス、ジゼル姫を誕生させた作品である。 おとぎの国、アングーレーシアに住むジゼル姫は王子のエドワードと出会ったその日に婚約を交わす。王子の継母である、スーザン・サランドン演じるナリッサはジゼル姫の存在が気に入らず、ニューヨークへと追放してしまう。 知らない都市で戸惑うジゼル姫を助けたのは、弁護士であるロバートと娘のモーガンである。男一人で娘を育てるロバートは現実主義者で幼い娘にも現実を教えていた。そんなふたりの前に現れた、おとぎの国からやってきたジゼル姫。王子を待ち、周囲を巻き込みながらも笑顔に変えていく彼女の魅力に惹かれていく。 動物だけでなく、大都市にいるネズミや害虫などまでも彼女のパワーにより掃除などの手伝いをさせてしまうなど、笑顔溢れるミュージカルであり、おとぎの国ならではの魅力的な衣装なども楽しむことができるストーリーである。

魔法にかけられての評価

総合評価
4.344.34
(12件)
映像
4.584.58
脚本
4.324.32
キャスト
4.194.19
音楽
4.464.46
演出
4.234.23

評価分布をもっと見る

魔法にかけられての感想

投稿する

満たされた気分になるミュージカル映画

大人に見て欲しいミュージカル映画2007年に公開された大人でも楽しめるディズニー作品。映画の最初はアニメですが、すぐに実写となり、お姫様が王子様を探しに行くストーリーとなります。王子とお姫様、ディズニー、ミュージカルと子供向けの映画と思われますが、大人でも十分に堪能でき、大人にこそ観てもらいたい映画。おとぎ話から出てきたジゼルは、永遠の愛を信じ、悪い人などいないと信じています。現実には、そんな事があるはずありませんが、本当はそうやって生きられたらどんなに楽でしょう。人を信じて疑わない、誰もが善良となったら、優しい気持ちになり戦争も起きないかもしれませんね。そんな、ジゼルを「魔法にかけられて」では、滑稽な出来事と、楽しいミュージカルで明るく表現しています。ジゼルは歌を歌えば、なんでも叶うおとぎの国の人なのですからね。しかし、それだけで終わらないのが「魔法にかけられて」の良いところです。なにも...この感想を読む

4.64.6
  • mayurinmayurin
  • 36view
  • 2307文字
PICKUP

有り得なかったはずの、アニメーションプリンセスと実写弁護士との恋。

予告を初めて見た瞬間から正に、キター!的な気持ちでした!ディズニーがディズニーを嗤う!という。東京ディズニーランドと同世代である私は、幼い頃からいつの間にか、プリンセスに限らずディズニー作品がそばにありました。主にアニメで。そのアニメの中だけで許された特有のファンタジー、魔法とか動物ががっつり味方になったりとか、何だかんだで王子様と出会えるとか。そういうのがもし現実になったら…という設定の映画をまさか観ることができるとは!兎に角アニメ側の人たちと現実側の人たちとの、温度差がどうもやっぱり笑えてしまう。歌うことも動物と仲良しになることもドレスで暮らすことも運命を信じちゃったりすることも、アニメ側の人たちはごく自然にやってしまいます。それに対する現実側の人たち、特に大人の戸惑いが…!でもミュージカルシーンはやっぱり楽しい場面になっています。ジゼル役を選考するに当たって、ディズニープリンセス...この感想を読む

4.54.5
  • a_sa_s
  • 48view
  • 462文字

感想をもっと見る(12件)

魔法にかけられての登場キャラクター

ジゼル

魔法にかけられての名言

うまくいかないときだってあるわ。だからって、 いいときまで捨てる必要がある?

ジゼル

ジゼルが助けてもらった男性は弁護士で、離婚する為の話し合いの場でジゼルが離婚する夫婦にかける言葉

魔法にかけられてに関連するタグ

魔法にかけられてを観た人はこんな映画も観ています

魔法にかけられてが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ