のぼうの城のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

のぼうの城

4.254.25
映像
4.17
脚本
3.83
キャスト
4.42
音楽
4.00
演出
3.92
感想数
6
観た人
7

のぼうの城のあらすじ・作品解説

のぼうの城は、2012年11月に公開された東宝とアスミック・エースの配給による映画で、観客動員数者が公開2週で累計98万人を突破した人気作品である。和田竜の歴史小説を原作として映画化されたものであり、豊臣家の石田三成率いる2万人の大軍を相手に、たった500名の兵で戦い忍城を守り抜いた、でくの坊からとられた「のぼう様」の愛称で領民に親しまれていた武将成田長親の姿を描く時代劇映画である。 原作小説は和田竜が自分のデビュー作である脚本「忍ぶの城」(城戸賞受賞)を映画作品を前提として執筆したもので、2008年上半期直木賞ノミネート・2009年第6回本屋大賞第2位の作品である。監督は犬童一心と樋口真嗣の共同監督、主演は狂言師の野村萬斎で、第36回日本アカデミー賞において10部門で優秀賞を受賞し美術賞で最優秀賞を受賞するなどの高い評価を受けた。この作品と「その夜の侍」「悪の教典」の3作品での演技により、山田孝之が第34回ヨコハマ映画祭において助演男優賞を受賞している。

のぼうの城の評価

総合評価
4.254.25
(6件)
映像
4.174.17
脚本
3.833.83
キャスト
4.424.42
音楽
4.004.00
演出
3.923.92

評価分布をもっと見る

のぼうの城の感想

投稿する

野村満載

※誤字ではありません。この作品を一言で表すのなら、まさにその言葉がふさわしいかと思います。それほど圧倒的に野村萬斎の存在感が際立って見えると言って過言ではないでしょう。時代劇を見ていたはずなのに、気づけば野村萬斎の狂言の世界へと誘われていく感覚。もちろん脇を固める俳優陣もそれぞれに良い味を出しています。中でもお笑い芸人のぐっさんがなかなか良い存在感を出していたようにも思います。表現力といい発声といい、お笑い芸人さんは意外と俳優向きの方が多いですよね。設定に関してですが、少々腑に落ちない点が何点かあります。一つは、野村萬斎氏が原作にあるでくのぼうと呼ばれるほどの巨躯の持ち主ではないためか、どうにものぼうのぼうと呼ばれる事に多少の違和感を覚えた事。二つ目は、終盤の水攻めを受ける際に前夜にその兆候を感じ取っていたにも関わらず何一つ手を打とうとしていなかった事。一つ目に関してはまだ目を瞑るとし...この感想を読む

4.04.0
  • ピッチャーピッチャー
  • 44view
  • 502文字

感想をもっと見る(6件)

のぼうの城の登場キャラクター

酒巻靭負

よみがな:さかまきゆきえ ニックネーム:靭負 年齢(作品時):22才 性別:男 国籍:日本 所属:成田家 性格:軍略の天才を自称する 特徴:実戦経験はないが、兵書を読み込んでいる若き侍大将。 特技:自称・軍略の天才 物語上での目的:天下軍との無謀な戦いに挑む

甲斐姫

よみがな:かいひめ ニックネーム:姫 年齢(作品時):18才 性別:女 国籍:日本 住まい:忍城 所属:成田家 性格:自ら刀を握る男勝りな戦姫。 特徴:城外にも伝わる程の美貌を持つ 特技:剣技、薙刀、体術

成田長親

よみがな:なりたながちか ニックネーム:のぼう様 性別:男 国籍:日本 住まい:武蔵国の忍城(後の埼玉県行田市) 所属:成田家 性格:忍城主・成田氏長の従弟でありながら、武将に求められる智も仁も勇もないが"人気"だけはある不思議な男。 特徴:領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様"と呼ばれ、誰も及ばぬ人気...

のぼうの城に関連するタグ

のぼうの城を観た人はこんな映画も観ています

のぼうの城が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ