ブリキの太鼓のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ブリキの太鼓のあらすじ・作品解説

ブリキの太鼓は、1979年に公開された西ドイツ・ポーランド・フランス・ユーゴスラビアの合作映画。原作は、ギュンター・グラスの小説「ブリキの太鼓」。監督は、「スワンの恋 」「セールスマンの死」「パリよ、永遠に」のフォルカー・シュレンドルフ。出演者は、 ダーフィト・ベンネント、マリオ・アドルフ、アンゲラ・ヴィンクラー。 舞台は1924年のダンツィヒ。生まれつき知能が高いオスカルは、ブリキの太鼓を貰った3歳の誕生日の日に、大人達の醜い世界を拒否するために成長を止めることにする。思惑通りに3歳で成長が止めることができたオスカルは、奇声でガラスを割るという能力で、世の不条理を訴えるのだった。ナチス党員の父アルフレート、オスカルの子育てに悩んで精神のバランスを崩していく美しい母アグネス、母の愛人であるヤンなど、3歳のオスカルの目線から見た大人の世界と激動の時代を寓話的に綴った作品である。 カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞、アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。 2012年にBlu-rayが発売された。

ブリキの太鼓の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.003.00
脚本
3.503.50
キャスト
2.502.50
音楽
2.502.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

ブリキの太鼓の感想

投稿する

一度見たら頭から離れ無い作品

ブリキの太鼓なんて映画は今の20代の人はほとんど知ら無いだろう。おそらく40代以上からようやく知っている人が少しずつ顔を出してくる程度だと思う。この映画は1度でも目にしたら頭からなかなか離れ無い作品であることは間違いない。ふとした瞬間にやってきて「そういえばあの映画のあのシーンが・・・」とフラッシュバックさせる魔力を持つ作品だと言える。古い映画なので映像美が優れているわけでもなく、音響が特段格好いいわけでは無いのだがこの作品の持つストーリーに思わず引き込まれてしまう。自ら成長を止めた不思議な(不気味な)少年が織りなす性の発露はあまりにもアンバランスである。また、この作品を通じて流れているエロ・グロ・ナンセンスといった古き時代の日本を彷彿とさせるような雰囲気は現代の「お利口さん」を追求した視聴者に一つの警句を投げかけるようでもある。映像美や表現芸術としての作品の価値をモラル・常識といった...この感想を読む

3.53.5
  • ずーみんずーみん
  • 25view
  • 504文字

ブリキの太鼓に関連するタグ

ブリキの太鼓が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ